星野周弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

星野 周弘(ほしの かねひろ、1936年11月28日 - )は日本犯罪社会学者警察庁科学警察研究所防犯少年部長、帝京大学文学部社会学科長、日本犯罪社会学会会長などを務めた。

略歴[編集]

1959年早稲田大学教育学部教育学科を卒業し、1963年東京大学人文科学研究科卒業。同年警察庁(科学警察研究所)入庁。 同研究所の防犯少年部環境研究室長、防犯少年部長を歴任し、1997年に警察庁を退官。その後、帝京大学文学部にて教鞭を執る[1]

専門分野[編集]

加入学会[編集]

主な著書[編集]

  • 単著
    • 『暴力団犯罪と刑事政策』,信山社,2002年
    • 『社会病理学概論』,学文社,1999年
    • 『犯罪社会学原論』,立花書房,1981年
  • 共著

表彰[編集]

  • 日本犯罪社会学会賞(2005年,第23回)

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本執筆者大辞典77~82』,日外アソシエーツ,1984年