明智光綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明智光国から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
明智光綱
時代 戦国時代
生誕 明応6年8月17日1497年9月13日
死没 天文4年8月5日1535年9月12日
別名 光国、光圀、光隆
主君 斎藤道三
氏族 明智氏
父母 明智光継(頼典)
兄弟 光綱山岸光信光安光久原光広
光廉小見の方
お牧の方武田信豊娘、一説に進士信連娘)
光秀[異説あり]信教[異説あり]康秀[異説あり]進士晴舎[1][異説あり]御ツマキ[異説あり]
テンプレートを表示

明智 光綱(あけち みつつな)は、戦国時代武将土岐氏の庶流・明智氏明智光継(頼典)の子。明智光秀明智信教明智康秀らの父と伝わる。

生涯[編集]

明智氏は美濃国・土岐氏の支流。東美濃を本拠とする。初め、父と共に斎藤道三に仕え、のち道三に居城の美濃明智城を攻められ討死したといわれるが(『細川家記』)、真偽は不明[2]。『明智軍記』などによると、光綱について明智光秀の父との記述が見られる。光綱死去の折に光秀はまだ若年で、その成人まで明智光安が明智城主として後見したという。

『明智氏一族宮城家相伝系図書』では、本名は「光隆」とされる。光綱(『系図纂要』)、光国(『続群書類従本』)と諸系図で名前すら一致せず、光秀を土岐氏の末流に連ねることを疑問視する見解もある[2]。また、小林正信は、光秀の父とされる人物を史料上から見出すことはできない、と述べている[3]。 その光秀の誕生時期にも諸説があり、光綱が光秀の父であったのか、現在でも確たる立証はされていない。

脚注[編集]

  1. ^ 安国寺蔵「土岐系図」
  2. ^ a b 風間洋 「明智光秀関係人名辞典」、二木謙一編 『明智光秀のすべて』 新人物往来社、1994年、202頁。 
  3. ^ 小林 2019, p. 136.

参考文献[編集]

  • 小林正信 『明智光秀の乱 ―天正十年六月政変 織田政権の成立と崩壊』(新装改訂増補版版) 里文出版、2019年。 

関連項目[編集]

登場作品[編集]