昇階唱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

昇階唱(しょうかいしょう)、グラドゥアーレラテン語: graduale)は、ミサで使徒書簡の朗読の後に歌われるレスポンソリウム。独唱による詩篇詩句の歌唱と合唱による応答句が交互に歌われる。奉読台に昇る階段の上で歌われることから、この名が生じた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 木戸純子「ミサ曲の歴史」下関女子短期大学紀要 (16), 83-92, 1997.