早尾東城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:城址現況がわかる画像・石碑の画像提供をお願いします。2015年1月
logo
早尾東城
愛知県
城郭構造 平城
築城主 大橋源三右衛門
築城年 室町時代
主な城主 大橋源三右衛門橋本大膳
廃城年 不明
遺構 石碑、説明板
指定文化財 未指定
位置 北緯35度11分27.9秒
東経136度42分13.5秒
地図
早尾東城の位置(愛知県内)
早尾東城
早尾東城

早尾東城(はやおひがしじょう)は現在の愛知県愛西市に存在した日本の城平城)である。

概要[編集]

津島豪族である大橋源三右衛門が築城した。

歴史[編集]

大永四年(1524年勝幡城主である織田信定に攻められこの城を明け渡した。 天正10年(1582年本能寺の変の後に織田信雄の家臣であり、橋本道一の弟である橋本大膳が城主となったが、後に矢合城へ移り、廃城となった。文禄元年(1592年)城の跡地へ常徳寺が建てられた。

規模[編集]

東西約180m、南北約55m

現在の状況[編集]

現在は常徳寺になっており、近くに石碑と説明板がある。遺構は何も残っていない。

所在地[編集]

愛知県愛西市早尾町城屋敷

関連項目[編集]

外部リンク[編集]