日進ゴム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日進ゴム 株式会社
Nisshin Rubber Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
700-0975
岡山県岡山市北区今8丁目16番7号
設立 1932年12月(創業)
1935年3月(法人化)
業種 ゴム製品製造
法人番号 5260001005216 ウィキデータを編集
事業内容 ワークシューズ、学校体育履製造
自動車部品、マット、ゴム板類製造
代表者 渡邉育正(代表取締役社長
資本金 8,000万円
売上高 19億357万円(2010年4月期)
従業員数 71名(2010年4月期)
決算期 4月
主要子会社 鞍山自力ゴム、上海日進凱達公司
外部リンク www.nisshinrubber.co.jp/
特記事項:日本ゴム工業会日本ゴム履物協会加盟企業
テンプレートを表示

日進ゴム 株式会社 (にっしんごむ、英文社名:Nisshin Rubber Co.,Ltd.)は、岡山県岡山市北区に本社を置くゴム製品製造販売を行う会社である。

概要[編集]

安全靴・作業靴・厨房靴・スポーツシューズ・地下足袋・教育シューズなどの履物や産業用ゴム・合成樹脂の製品製、リサイクルゴムを活用した環境製品及び素材の研究、開発、製造ならびに販売を行っている。

中でもゴム素材として突出した防滑性能を持つHyperV(ハイパーV)は同社製の靴底や産業用ゴム部品として有名。

沿革[編集]

[1]

昭和7年 岡山市上石井348番地(現駅元町14番辺り)に日進ゴム工業所として創業。

欧米向け輸出用布靴(サンフラワー印)を製造す。

昭和18年 丸和護謨工業所(大正11年創業、地下足袋製造)を合併、貼付地下たびの製造を始める。

日進ゴム株式会社と改称す。

昭和27年 自力印総ゴム長靴、婦人雨靴の製造を始める。
昭和35年 岡山市高柳東町13番46号に分工場建設し地下たび、布靴のアッパー縫製を行う。
昭和42年 サンフラワー印のカジュアルシューズの製造販売を始める。
昭和47年 ミスターヤング印カジュアルシューズの製造販売を始める。
昭和48年 中国軽工業品進出口総公司とゴム履物について技術交流を始める。

駅元町より高柳東町に本社及び工場を移転、同時に自動車用防振ゴムの製造を始める。

昭和54年 中国鞍山ゴム第一工場と友好工場の議定書締結す。
昭和62年 上海凱達電気、電子工場とアッパー縫製の技術提携調印。
平成2年 合弁企業、上海凱達縫製品有限公司を設立。
平成4年 鞍山日進ゴム有限会司を設立。

平成3年通商産業省選定グットデザイン商品日用品部門に於て中小企業庁長官特別賞を受賞。

平成10年 全国中小企業融合化促進財団より中小企業長官賞・優秀製品賞を授賞。
平成12年 渡邉昌平会長(故人) 鞍山市より名誉市民の称号を授かる。
平成13年 鞍山日進橡膠有限公司ISO9002認証を取得す。

水島港国際物流センター株式会社(第3セクター)へ出資し、玉島物流センターを開設する。

平成15年 岡山県循環型社会形成推進条例により、岡山県エコ製品の認定を受ける。

(認定番号 岡エコゴム製品 第1号・2号) ISO9001:2000,JIS9001:2000を取得する。(登録番号 JQ1527A)

平成17年 岡山県より、「岡山・わが社の技」の認定を受ける。(認定番号 083)

高柳東町より今八丁目に本社を移転。

平成18年 御津工業団地内に技術開発センターを開設。
平成20年 第16回中国地域ニュービジネス協議会大賞の特別賞(会長賞)を受賞。

第3回ニッポン新事業創出大賞の社団法人ニュー ビジネス協議会連合会会長賞優秀賞を受賞。

平成21年 ISO9001:2008に移行。(登録番号 JQ1527C)

平成22年10月 環境事業部を設立し、環境製品の製造・販売を本格的に開始。

平成30年 ISO9001:2015に移行(登録番号JQ1527F)
平成31年 HyperVスタッドレスソール「SS-02」が第31回中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞

(主催りそな中小企業振興財団 日刊工業新聞社)

営業拠点[編集]

本社:岡山市北区今八丁目16番17号
環境事業部、技術開発センター:岡山市北区御津高津
鞍山自力橡膠製品有限公司 (鞍山市)
上海日進凱達有限公司 (上海市)

出演[編集]

  • 2020/12 「世界の果てまでイッテQ!イモトジャパンツアー」
  • 2020/11 日経トレンディNo.469 21年ヒット予測
  • 2019/6 HyperV商品がフジテレビ「でんじろうのTHE実験」
  • 2019/5 HyperV使用の特製スーツがテレビ東京「世界を驚かせろ!ニッポン企業のドッキリ大作戦」
  • 2018/3 HyperV商品が読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」
  • 2018/1 HyperVスタッドレスソールがNHK総合「凄ワザ!」
  • 2016/10 HyperV商品がフジテレビ系「パッとやってみた!」
  • 2015/12 NHK BSプレミアム「驚き!ニッポンの底力 おそうじ大国物語」
  • 2014/07 HyperV商品がTBSテレビ「ひるおび!」
  • 2012/12 ハイパーVシートがフジテレビ「ほこ×たて」
  • 2011/09 HyperV商品がテレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」
  • 2011/09 HyperV商品がNHK「おはよう日本 まちかど情報室」
  • 2011/08 HyperV商品がフジテレビ系「めざましテレビ ココ調」
  • 2011/04 地元ラジオ局『キラリと光るおかやまの企業』
  • 2008/06 HyperV商品が日本テレビ系「おもいッきりイイ!!テレビ」
  • 2007/06 HyperV商品がフジテレビ系「めざましテレビ」
  • 2007/05 HyperV商品がフジテレビ系「ザ・ベストハウス123」
  • 2005/09 HyperV商品がテレビ東京系ワールドビジネスサテライト”トレたま”

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト - 会社概要 沿革 参照。

参考文献[編集]

  • 『2011年度版 岡山企業年報』 発行者:安藤展義、発行所:株式会社 瀬戸内経済レポート、2010年11月発行。

外部リンク[編集]