日本BCL連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本BCL連盟(にほんビーシーエルれんめい)は、日本短波放送受信愛好者(BCL)のサークルの中では最大規模であった団体。1970年代後半から1980年代にかけて、短波放送受信趣味(BCL)の一大ブームを築き上げた団体として知られている。

沿革[編集]

1975年10月、社団法人格を取得。1976年1月から雑誌『月刊短波』を刊行。また、会員に向けて会報誌『Hz』などを出版するなど、BCLに関する情報を会内外に発信してそのブームを支えた。『月刊短波』は1983年7月に休刊し、1983年11月には社団法人としての日本BCL連盟は解散した。

1984年3月に任意団体として日本BCL連盟が再発足。1983年5月以降、年会費を納めた会員を対象とする会誌『MY WAVE』が発行された。2004年9月には新規入会業務を停止。『MY WAVE』も2005年12月号で休刊となった。その後はNHKワールド・ラジオ日本の番組表発行のみの特定業務を行うと告知していたが、2006年10月29日から有効の番組表では日本BCL連盟の文字は消えており、NHK国際放送局の独自発行になっていた。その後の日本BCL連盟の状況は不明であり、休止状態となっている。

放送受信愛好者によって『月刊短波』をタイトルとするHPが開設されているが、前述の雑誌とは直接の関係はない。

所在地[編集]

〒162-0827 東京都新宿区若宮町37 リコオビル2F

関連団体[編集]

外部リンク[編集]