日本吟剣詩舞振興会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益財団法人日本吟剣詩舞振興会(にほんぎんけんしぶしんこうかい)は、東京都港区虎ノ門に本部を置く吟詠剣舞詩舞の代表的な組織である。1968年設立。設立者は日本船舶振興会笹川良一会長。

現在は5代目会長菅原道雄の下運営を行っている。常任理事、理事、評議員に外部役員を選任するなど組織の改革も積極的に行なっている。

主催行事[編集]

全国吟剣詩舞道大会[編集]

全国吟剣詩舞道大会は1968年から毎年日本武道館で開催(ただし2011年東日本大震災のため自粛となり開催されなかった)。例外としては2013年度大会で東日本大震災の復興支援として福島県郡山市郡山ユラックス熱海で開催された。2019年は武道館改修の関係で国技館で開催。大会の最高賞には高松宮妃記念優勝旗・同記念杯が授与される。2015年大会からは異例の2日間開催となった。

コンクール大会[編集]

毎年9月に2日間に分けて「全国剣詩舞コンクール」「全国吟詠コンクール」の決勝大会が笹川記念会館で、また「全国吟詠合吟コンクール」が全国吟剣詩舞道大会と同じ武道館で開催。優勝者・チームは全国吟剣詩舞道大会にてエキシビションとして出場が与えられる。他に2年に1度「全国剣詩舞群舞コンクール」、毎年3月に「全国少壮吟詠家審査コンクール」がそれぞれ笹川記念会館にて開催されている。

全国吟詠剣詩舞道祭[編集]

毎年文化庁が主催する国民文化祭の一環として開催。2012年は中止。

外部リンク[編集]