日本バス友の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本バス友の会(にほんバスとものかい)は、任意団体の1つで、バスに興味がある人(バスファン)たちの活動を支援することを目的として設立された団体である。

概要[編集]

保存車両(いすゞTSD40)

1980年に設立、東京都豊島区に事務局を置き、全国に5支部(北海道・関東・東海・関西・九州)を擁している。10台を超える保存バスがあり、一部車両はイベントなどへの貸し出しで、一般人が実際に乗車できる機会がある。

日本バス友の会が編集に携わっている書籍は多数あり、友の会自体が発行した書籍も『日本のバスカラー名鑑』などが出版されている。また6番目の支部(東北支部)ができ記念本を出版していると報道されて[1]いる。この6支部体制は、1980年当時[2]に復したと言える。

事務局は「クリム企画(株)」という企業と同居している[3][4]。また保存バスは日本バス友の会での所有であることから、車検を取得する際個人名義を避けるため、これとは別に法人[5]を設立したが、このような経緯は別として、現在バス保存活動の実務は茨城県土浦市に本部を置く特定非営利活動法人日本バス文化保存振興委員会[6]に移行している。

会報[編集]

  • バスロード(BUS ROAD)…外部リンクの公式サイトでは、159号(2001年6月刊)以降の会報発行は確認できないが、支部の活動レベルから見て発行は継続されていると考えられる。

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 河北新報2007年8月25日付報道
  2. ^ 『高速バスのすべて』より
  3. ^ FAX番号が一致している。なお、この企業は興陽館書店から刊行された友の会の書籍で共編者となっている。
  4. ^ 2009年4月以降は別の法人と同居している。
  5. ^ ページを良く探すと名称がある。なお、この法人は日本バス友の会編著の単行本で出版者となっている。
  6. ^ 茨城県のNPO設立認証状況一覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]