日下一正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日下 一正(くさか かずまさ[1]1948年1月23日[1] - )は、日本官僚。元経済産業審議官三菱電機専務執行役。東京都出身[2]

人物[編集]

1970年東京大学法学部を卒業し、通商産業省に入る[1]。大臣官房審議官、通商政策局経済協力部長、資源エネルギー庁次長等を経て[1]、2000年環境立地局長となる[1]。2001年に産業技術環境局長[1]。 その後、2002年通商政策局長[1]、2003年資源エネルギー庁長官[1]を歴任し、2004年経済産業審議官[3]に就任。2006年経済産業省を退官し、電通顧問[3]。2008年には地球温暖化対策の企画立案担当の内閣官房参与に任命される[3][4]、2009年8月に三菱電機顧問となり[3]、同年10月より同社専務執行役を務める[3]。公益財団法人日本国際フォーラム政策委員[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 幹部名簿-ご案内-経済産業省
  2. ^ 経産省事務次官に杉山局長 経産審議官は日下長官
  3. ^ a b c d e 三菱電機 2009年度・第139期第3四半期 四半期報告書
  4. ^ 内閣官房参与に日下氏 地球温暖化対策の企画立案担当 - MSN産経ニュース
  5. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。