新津油田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
往時の新津油田

新津油田(にいつゆでん)は新潟県新潟市秋葉区新津地区(旧:新津市)に存在した油田である。丘陵地帯を中心に、江戸時代以前から平成にかけて採掘が行われていた。

歴史[編集]

  • 江戸時代以前:表層付近ににじみ出る原油の採取が行われる。
  • 1874年:地域の庄屋であった中野家が政府に採掘を出願[1]。翌年、認められて開坑する。後に日本石油(現在の新日本石油)も参入。
  • 明治時代末期:殖産興業の進展に伴う消費量の増加により、中・小の採掘企業及び個人の採掘場が100前後に達する。採掘の機械化が進む。
  • 1917年:年産12万klを達成。産油量日本一となる。
  • 1980年代:組織的な採掘がほぼ終了。
  • 1996年:最後の井戸の採掘が終了。
  • 2007年日本の地質百選に選定。

その他[編集]

  • 石油王として隆盛を極めた中野家の屋敷跡を中心に公園が整備されている。
  • 展示用も含め数基の石油櫓が現存するほか、周辺の地層からはオイルサンドを見いだすことができる。
  • 油田採掘のボーリング中に、温泉を掘り当てた場所があり、新津温泉として利用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新潟市秋葉区役所 (2012年6月1日). “新津油田”. 2015年5月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]