新宿ソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社新宿ソフト
Shinjuku soft, Office No1.jpg
本社
種類 有限会社
設立 1989年9月27日
業種 不動産・アミューズメント事業
事業内容 テレクラ
DVD鑑賞(試写)店のチェーン運営等
資本金 1千万円
売上高 連結:410億円
従業員数 2,000名
テンプレートを表示

新宿ソフト(しんじゅくソフト)とは、1989年創業のアミューズメント企業。

DVD観賞(試写室)の金太郎・花太郎、テレクラのリンリンハウスの各業態を統括するグループの本社。首都圏関西地区を中心にチェーン展開していることで知られている。

有限会社新宿ソフトの各業態・店舗は主にターミナル駅付近の繁華街に手広く店舗網を広げている。

概要[編集]

テレフォンクラブを創業[編集]

1980年代の新宿・歌舞伎町でテレクラ・リンリンハウスを創業。当時のマスメディアでも大きく紹介された。当時の競合店では1時間3,000円が相場であった利用料金を、リンリンハウスチェーンは1時間800円に値下げして低価格を前面に出した価格政策を打ち出し、利用客を取り込むことに成功した。だが、兵庫県神戸市にあったリンリンハウスは他のライバル店に因縁を付けられ連続放火され、男性客4人が死亡する事件が発生した。

このビジネス形式を日本各地のテレクラ店舗を出店に際して応用し、各地の歓楽街にネオンサイン看板を派手に施された店舗の出店を続けた。「入会金無料、1時間800円」のフレーズをエンドレステープで繰り返し店舗入口のスピーカーから大音量で流したり駅前でのポケットティッシュ配布など、独特の宣伝・運営を行う。のちテレクラ別会社・バレンタインコールを吸収合併。

DVD鑑賞店(試写室)を全国展開[編集]

DVD鑑賞店(関西ではDVD試写室)を全国に230店舗を展開する。2010年頃までは「ビデオボックス」「DVDボックス」「個室ビデオ」とも呼ばれていたが、事実上店舗でのレンタルはDVD、Blu-ray 等のデジタルソフトのみの取り扱いとなった為、現在では「DVD鑑賞」「DVD試写室」と公共的な報道等では通称となる。トラブル回避の為女性客は入店を断っている。

その他[編集]

マドンナの通算11作目のアルバムからのシングルカット曲「ジャンプ」(2006年)のプロモーションビデオクリップ・新宿ロケシーンに新宿ソフトのチェーン店舗が利用された。冒頭シーンからリンリンハウスの店舗が多数登場する。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]