マンボー (インターネットカフェ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社マンボー
MANBOO
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿2丁目15-22 S2ビル4F
設立 2005年3月21日
業種 サービス業
法人番号 8011101024821
事業内容 ネットカフェ・マンガ喫茶の運営
代表者 武宮 省一(代表取締役
資本金 1,000万円
従業員数 約1800名(2006年2月現在)
外部リンク http://manboo.co.jp/
テンプレートを表示
マンボーPLUS

株式会社マンボーは、東京都新宿区に本社を置く、インターネットカフェネットルームを運営する企業。

概要[編集]

2018年8月1日現在首都圏を中心に55店舗(インターネットカフェ29店舗・ネットルーム26店舗)をチェーン展開している。主に首都圏ターミナル駅付近の繁華街に、集中的にドミナント出店を行う。派手な店舗外装・ポールサイン看板やポケットティッシュ配りで宣伝している。近年店舗網を拡大させ、首都圏以外の地域へも出店地域を広げている。

店舗の特徴・サービス[編集]

まんが喫茶マンボー[編集]

歓楽街にあるマンボーの店舗入口付近に設置されているスピーカーからは「マンボー マンボー みんなのマンボー」のフレーズを大音量で繰り返しエンドレスで流される。

女性を主なターゲットとしている。店舗看板に大きく表示されている利用料金は女性料金で、男性料金(女性料金よりも高額)はその横に小さく表示されている(男性は200円)。

※店舗によってサービス内容は一部異なる。

  • 日本複合カフェ協会加盟で、会員制を採っていないため、入会不要、身分証明書不要で入店できる(ただし、東京都はインターネット端末利用営業の規制に関する条例により会員制となっている)。
  • テレビゲーム機 PS2ゲームソフト類はなし。
  • 雑誌漫画DVDの閲覧
  • ドリンク類(飲み放題、セルフサービス)の提供
  • インターネットアクセスができるパソコン
  • シャワールーム(シャンプー等の備品なし・別途購入も可能)
  • オンラインゲーム
  • Wi-Fiの利用
  • 歌舞伎町店・渋谷宇田川町店・渋谷センター街店・船橋店・金山本店・名駅本店・三宮店では女性向けに「レディースブース(女性専用席)」を導入している。
  • 渋谷宇田川町店では女性向けに「ネイルアート」コーナーを導入している。
  • 池袋北口駅前店・横浜西口店・川崎店・津田沼店・千葉駅前店・松戸東口店・金山本店・岡崎店・錦店には調理場が設置されフードサービスを行っている。
  • 新宿エリア7店舗・渋谷エリア3店舗・池袋エリア2店舗・川崎エリア3店舗・横浜西口店・大宮店・名駅本店には平成エンタープライズが運行する高速バスVIPライナーのオプションとして組み込まれていた(VIPラウンジでも購入できた)。
  • 「伝説のカツカレー」「味噌コロッケ丼」などユニークなメニューがあった。
  • 湘南乃風がメジャーデビューした際に、PRの一環として店頭のモニタでPVを流したりポスターが店内に貼られていた。

マンボープラス[編集]

女性を主なターゲットとしている。こちらは完全個室となる。また、ドリンク類は有料(自動販売機で購入)となる。

※店舗によってサービス内容は一部異なる。

ネットルームマンボー[編集]

長期滞在者向けで、女性を主なターゲットとしている。こちらは完全個室となる。その代わり、雑誌漫画などはなく、ドリンク類は有料(自動販売機で購入)となる。

※店舗によってサービス内容は一部異なる。

きゅうぼー 高額求人サイト[編集]

2018年10月1日リリースされた高収入・高額求人サイト

リリース当初より、自社店舗のまんが喫茶マンボー・ネットルームマンボーでの各ブースでの広告展開や街宣車での告知を行い、首都圏を中心に広告展開を開始している。

他の求人サイトとは異なった、自社店舗を媒体とするなど企業の強みを生かした独自の広告手法を強みとしている。

店舗一覧[編集]

まんが喫茶マンボー[編集]

マンボープラス[編集]

ネットルームマンボー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]