新多数派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 チリ政党
新多数派
Nueva Mayoría
Logo de la Nueva Mayoría.svg
ロゴ
党首 ミシェル・バチェレ
成立年月日 2013年
本部所在地 サンティアゴ・デ・チレ
チリ共和国下院議席数
67 / 120   (56%)
チリ共和国上院議席数
21 / 38   (55%)
政治的思想・立場 中道左派[1][2][3][4]、左派[5]
テンプレートを表示
新多数派党首を務めるミシェル・バチェレ

新多数派(しんたすうは、スペイン語:Nueva Mayoría)とは2013年に結成されたチリ政党連合。同年実施の同国大統領選挙にてミシェル・バチェレ候補を支持、当選へと導いた中道左派政党から構成[6]

政治的目標[編集]

6年以内に教育(就中国立大学[7])の無償化を目指す[8]他、賃金格差是正に取り組む[7]

構成政党[編集]

嘗てコンセルタシオン・デモクラシアに参加していた主要4政党(チリ社会党キリスト教民主党民主主義のための政党及び急進社会民主党)に加えて、チリ共産党市民左派拡大社会運動革新無所属から構成[6]

政党 スペイン語表記 党首
Movimiento Amplio Social (new).svg 拡大社会運動 Movimiento Amplio Social Alejandro Navarro
Flag of the Christian Democrat Party of Chile.svg キリスト教民主党 Partido Demócrata Cristiano Ignacio Walker
Izquierda Ciudadana.png 市民左派 Izquierda Ciudadana Víctor Osorio Reyes
Partido Comunista de Chile.svg 共産党 Partido Comunista Guillermo Teillier
Partido por la Democracia emblema.png 民主主義のための政党 Partido por la Democracia Jaime Quintana
Partido Radical Socialdemócrata logo.jpg 急進社会民主党 Partido Radical Socialdemócrata José Antonio Gómez
Emblem of the Socialist Party of Chile.svg 社会党 Partido Socialista Osvaldo Andrade

党史[編集]

新多数派が擁立した第一次大統領候補

2013年4月30日、チリ選挙管理委員会に登録[9]6月30日には予備選挙を実施し、社会党所属のミシェル・バチェレが73%の得票率を得て、無所属のアンドレス・ベラスコやキリスト教民主党所属のクラウディオ・オレゴ、急進社会民主党所属のホセ・アントニオ・ゴメスを破り[10] 大統領候補となる[11]

大統領選挙は11月17日に行われたが、即日開票の結果、過半数の得票に達する候補が出なかったため、バチェレと中道右派独立民主連合に所属するエベリン・マテイ候補の、女性2人による決選投票に縺れ込む事となる[12]12月15日実施の決選投票ではバチェレがマテイを破り、4年ぶりに大統領に返り咲いた[13]

なお、11月17日の大統領選挙と同時に行われた上下両院議員選挙の結果、新多数派が現有議席を上回り[7]、両院において過半数を獲得[12]

脚注[編集]

  1. ^ Cussen, Celia (28 June 2013), “In Chile’s Sunday elections, the real race is for second place”, Washington Post, http://www.washingtonpost.com/blogs/she-the-people/wp/2013/06/28/in-chiles-sunday-elections-the-question-is-who-will-finish-second/ 
  2. ^ “Ex-Leader of Chile Wins Primary in Bid to Return”, The New York Times, (30 June 2013), http://www.nytimes.com/2013/07/01/world/americas/ex-leader-of-chile-wins-primary-in-bid-to-return.html?_r=0 
  3. ^ Jarroud, Marianela (20 August 2013), Chile’s Women Candidates, Not Two of a Kind, Inter Press Service, http://www.ipsnews.net/2013/08/chiles-women-candidates-not-two-of-a-kind/ 
  4. ^ “Two candidates popularly selected in Chile's first presidential primary”, The Guardian, (1 July 2013), http://www.theguardian.com/world/2013/jul/01/two-candidates-selected-chile-presidential-primary 
  5. ^ Bachet, Alexandre (1 July 2013), “Chile: Michelle Bachelet Wins Opposition’s Primary Election”, The Argentina Independent 
  6. ^ a b Acuña, Patricia (29 April 2013.). “"Nueva Mayoría" se denominará pacto presidencial opositor para la primaria del 30 de junio”. BioBio Chile. 2013年8月10日閲覧。
  7. ^ a b c 中道左派候補に勢い チリ大統領選きょう投票しんぶん赤旗 2013年11月17日
  8. ^ Bachelet aseguró que uno de sus objetivos es lograr la gratuidad en educación en seis años”. CNN Chile (8 August 2013.). 2013年8月11日閲覧。
  9. ^ Representantes de los abanderados de la oposición llegan al Servel para inscribir candidaturas”. La Tercera (30 April 2013.). 2013年7月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  10. ^ Bachelet arrasa en pacto "Nueva Mayoría" con un 73%”. Terra Chile (30 June 2013.). 2013年8月10日閲覧。
  11. ^ Bachelet reafirma que habrá nueva Constitución y apuesta a ganar en primera vuelta”. El Mostrador (1 July 2013.). 2013年8月10日閲覧。
  12. ^ a b 大統領選、女性候補2人による決選投票へ−議員選は新多数派が上下両院で過半数を獲得− (チリ)ジェトロ・サンティアゴ事務所 2013年11月21日
  13. ^ チリ大統領選、バチェレ氏が当選 4年ぶり返り咲き2013年12月16日 朝日新聞デジタル

関連項目[編集]