新堂友衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新堂 友衛(しんどう ともえ、1931年昭和6年〉5月[1] - )は日本の実業家。元大阪シティ信用金庫最高顧問[2]

略歴[編集]

大阪市出身。1950年昭和25年)大阪府立四条畷高等学校(現・大阪府立四條畷高等学校[3]卒業、1955年大阪経済大学経済学部[4]卒業。1967年大阪市信用金庫理事、1974年常務理事、1979年専務理事、1988年理事長。2010年平成22年)代表理事会長[5]就任。2013年より、市信金など3金庫の合併した大阪シティ信用金庫の名誉会長。

大阪府信用金庫協会・会長、近畿地区信用金庫協会・会長、全国信用金庫協会・副会長、信金中央金庫・理事などの要職に就き、特に大阪府下8金庫の合併を手がけ、当時経営不振問題に直面していた大阪府内の信用金庫再編を行い、金融不安の回避に尽力した。

人物[編集]

井植敏三洋電機の元会長兼CEO)、橋本守(丸紅の元副社長)らは四条畷高校時代の同級生で友人。四条畷高校では柔道ラグビー水泳などさまざまなスポーツに取り組んだが、「短気な性格」のため、大阪経済大学に入学後「精神修行のため」に「礼・心・技を重んじる空手道」のクラブを立ち上げた[3]

大阪市体育協会会長、近畿軟式野球連盟会長なども兼任しスポーツを通した地域貢献活動も行う。2005年生涯スポーツ功労者 文部科学大臣表彰を受賞。2009年大阪スポーツ大賞を受賞。2014年全国神社総代会より神社功労者として表彰を受ける。

受章[編集]

主な役職[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]