新営郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新営郡の地図

新営郡(しんえいぐん)は、日本統治時代台湾に存在した行政区画の一つであり、台南州に属した。

概要[編集]

新営街、塩水街、白河街、柳営庄、後壁庄、番社庄の3街3庄を管轄し、郡役所は新営街に置かれた。郡域は現在の台南市新営区塩水区白河区柳営区後壁区東山区に当たる。

1945年3月に重慶国民政府が策定した台湾接管計画綱要地方政制により曽文郡と合併し曽文県とする案があったが、政制の廃止により計画は消滅した。

歴代首長[編集]

郡守[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『台湾総督府職員録 大正9年12月』、210頁。
  2. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 大正14年』、361頁。
  3. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和2年』、393頁。
  4. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和5年』、462頁。
  5. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和6年』、474頁。
  6. ^ 台湾新民報社 1937, 59頁.
  7. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和7年』、473頁。
  8. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和9年』、511頁。
  9. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和11年』、559頁。
  10. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和12年』、596頁。
  11. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和13年』、634頁。
  12. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和14年』、681頁。
  13. ^ 興南新聞社 1943, 7頁.
  14. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和15年』、547頁。
  15. ^ 『台湾総督府及所属官署職員録 昭和17年』、630頁。

参考文献[編集]