新善光寺 (笠間市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新善光寺
所在地 茨城県笠間市平町391番地1ほか
位置 北緯36度20分28.7秒
東経140度17分0.9秒
座標: 北緯36度20分28.7秒 東経140度17分0.9秒
宗旨 時宗
宗派 時宗解意派
本尊 善光寺如来
別称 宍戸新善光寺
テンプレートを表示

新善光寺(しんぜんこうじ)は、茨城県笠間市にあった時宗仏教寺院

概略と沿革[編集]

八田知家の子、知勝は出家して解意阿弥陀仏観鏡と名乗った。証空一遍に学び、宍戸城の一角に当寺を建立したという。文禄4年(1595年)、檀越であった宍戸氏佐竹義宣に服属し、海老ヶ島城に移させられると、寺は一緒に移転し海老ヶ島新善光寺となったが[1]、元の寺も残り、同じ寺号と本尊を有したまま、末寺となった。廃仏毀釈で廃寺になると、旧本尊は檀家が預かった。県道が旧境内を通過するため、発掘調査がなされ、報告書が公刊されている[2]

文化財[編集]

交通アクセス[編集]

東日本旅客鉄道水戸線宍戸駅より徒歩約10分

脚注[編集]

[脚注の使い方]