新井節男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 節男(あらい せつお、1937年3月 - )は、日本の関西学院大学名誉教授。専門は体育学。関西学院大学体育会ハンドボール部女子部名誉監督も務める。大阪大学医学博士神戸市出身。

著書[編集]

  • 「ボール投げスポーツの基礎理論」YMCA出版、1983年4月
  • 「心体のびのび操体術」六甲出版、1986年4月
  • 「運動文化論」人文書院、1987年6月
  • 「からだほぐしの健康体操」創元社、1989年3月
  • 「花札からゲートボールまで」人文書院、1991年12月
  • 「健やかさへの戦略」信山社、1993年4月
  • 「健康科学:行動編」信山社、1994年6月
  • 「エイズという名の社会現象」ミネルヴァ書房、1995年3月
  • 「健康科学:養生編」信山社、1995年4月
  • 「昔話にみる健やかさへの戦略」講談社出版サービスセンター、1999年2月
  • 「スポーツ文化考」講談社出版サービスセンター、1999年12月
  • 「教職者のための基礎体力」六甲出版、2000年2月
  • 「健やかさの形像 操体術曼荼羅」郁朋社、2000年8月
  • 「ノーサイド直前の健康文化論」関西学院大学生協書籍部、2001年3月
  • 「健康文化を考える」関西学院大学生協書籍部、2001年5月
  • 「人生街道膝栗毛」六甲出版、2003年9月
  • 「新しい元気が湧き出す体操の本」六甲出版、2006年12月