新井石禅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新井石禅

新井 石禅(あらい せきぜん、俗名:石井仙太郎、元治元年12月19日1865年1月16日) - 昭和2年(1927年12月7日)は、日本曹洞宗僧侶。總持寺独住5世、第11代管長(大陽真鑑禅師)。号は穆英。

概要[編集]

陸奥国伊達郡梁川村(現福島県伊達市)の石井家の3男に生まれ、12歳の時に菩提寺興国寺住職新井如禅の弟子となる。曹洞宗専門本校(現、駒澤大学)に学び、わずか3年で卒業。畔上楳仙森田悟由らに参禅した。

善徳寺[要曖昧さ回避]浄春院大栄寺雲洞庵護国院最乗寺などに歴住し、曹洞宗大学林学監兼教授、教学部長、永平寺副監院となり、總持寺西堂を経て大正9年(1920年)に独住5世、曹洞宗第11代管長となる。国内、海外の巡教は数百か所に及び、その徳化は一世を風靡し、生き仏と仰がれた。大正13年(1924年)には光華女学校(現、鶴見大学附属高等学校)を設立した。

昭和2年(1927年)12月7日に遷化。

著作リスト[編集]

  • 『曹洞宗要法話』(鴻盟社、1908年)
  • 『禅学入門』(豐文社、1911年)
  • 『信は力なり』(中央出版社、1931年)
  • 『心機一転 - 修養の極致処世の秘訣』(中央出版社、1918年)
  • 『証道歌講義』(中央仏教社、1929年)
  • 『處世禪』(文學書房、1941年)

全集[編集]

  • 『新井石禅師講話選集』(神戸修養会編、1928年)
  • 『新井石禅全集』1-12(山田霊林編、新井石禅全集刊行会、1929年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
曹洞宗管長
11代:
次代:
先代:
石川素童
總持寺
独住5世:1920年-
次代:
杉本道山