斎藤英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斎藤 英雄(さいとう ひでお、1965年 - )は、日本の工学者工学博士慶應義塾大学教授

研究分野は、画像処理、コンピュータビジョン、パターン認識、拡張現実感。

経歴[編集]

学会活動[編集]

  • 人工遠隔感国際会議(ICAT)実行委員長(2006)、 ローカルチェア(2003)、プログラム委員(2004、2005、2006)
  • 複合現実国際シンポジウム(ISMAR)プログラム委員エリアチェア(2005、2006)
  • IEEE Trans. SMC 3次元画像解析とモデリング特集号ゲストエディタ(2003)
  • マシンビジョンの応用に関する国際会議(MVA)実行委員会(1996、1998、2000、2002、2005)、出版委員長(2007)
  • コンピュータビジョンアジア会議出版委員長(2007)
  • 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)プログラム委員エリアチェア(2004、2006)
  • 財務委員長(2005)
  • 電子情報通信学会パターン認識メディア理解研究会幹事(1999-2002)
  • 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会幹事(2004-)

著作[編集]

共著[編集]

  • ニューアルゴリズムによる画像処理システム事例解説(トリケップス、2003年)
  • コンピュータビジョン最先端ガイド1(アドコム・メディア、2008年)
  • コンピュータビジョン最先端ガイド2(アドコム・メディア、2010年)
  • コンピュータビジョン最先端ガイド3(アドコム・メディア、2010年)
  • コンピュータビジョン最先端ガイド4(アドコム・メディア、2011年)
  • コンピュータビジョン最先端ガイド5(アドコム・メディア、2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]