斎藤二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斎藤二郎

斎藤 二郎(さいとう じろう、明治元年11月10日[1]1868年12月23日) - 大正6年(1917年7月22日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。弁護士

経歴[編集]

片倉氏の家臣斎藤良知の二男として白石城下(現在の宮城県白石市)に生まれる[3]1886年(明治19年)、上京して英吉利法律学校(現在の中央大学)に入学し、1889年(明治22年)に卒業した[3]。翌年、代言人試験に合格し、星亨の法律事務所で訴訟事務を扱った[4]1895年(明治28年)、星が李氏朝鮮の法律顧問官に就任すると、法部補佐官・法官養成所教授として招かれた[3]。翌年に帰国してからは再び弁護士業務に従事し、星が駐米公使を務めている間はその事務所を預かり、のちに自らの事務所を開業した[3]1900年(明治33年)、星が第4次伊藤内閣逓信大臣に就任すると、秘書官に任命された[4]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第13回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第28回帝国議会衆議院議員名簿』、1912年。
  2. ^ 『官報』第1494号、大正6年7月24日。
  3. ^ a b c d 『明治弁護士列伝』pp.183-184
  4. ^ a b 『第二十八議会衆議院議員写真列伝』p.98

参考文献[編集]

  • 東恵仁編『明治弁護士列伝』周弘社、1898年。
  • 鷹居匡『第二十八議会衆議院議員写真列伝』経済時報社、1912年。