排除アート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
座ったり眠ったりできないよう、フランスの建築物の前の階段に設置されたボルト。
排除アートの例であるロンドンのカムデン・ベンチ英語版
ドイツのベルリンにある “Sitzkiesel”(「座る石」)は、以前のベンチのかわりとして設置された。

排除アート英語: Hostile architecture)とは、パブリックスペースが損壊されたり、予め想定された用途以外で使われたりしないよう建造物に手を加えるアーバンデザインの造形物で、アーバンデザインにおける1つの手法である[1]。管理者が意図した用途を利用者に対して強制するための設計手法である。施設管理者によって犯罪・マナー違反防止の目的で設置される。

排除アートは都市住民の中でも社会的弱者を対象とし、その中でもホームレス排除が主要な目的であることが多く、しばしば物議をかもすものとなる。座り込んだり、うろついたり、スケートボードをしたりすることを防ぐ意図を持って設置されることもあれば、意図せずにあらゆる公衆、とくに高齢者障害者子どもなどにとって都市空間を使いにくいものにしてしまうこともある[2]。その点で、排除アートにはバリアフリーの設計方針と対立する設計も含む。日本語の用語について、そもそも排除を目的とする障害物をアートと呼ぶべきではないとの意見もある[3]

そもそも大都市では人の滞留やゴミの持ち込みやテロリズムを防ぐために、ベンチ[注 1]やゴミ箱[注 2]などを撤去する事が多く、排除アートが置かれる場所は限られている。従来利用できた公共物の撤去については、人をその場から排除するという意味で、排除アートと同じ発想ではある。

呼称[編集]

都市空間において「社会的困窮者の追い出し」の作用があるアート作品に対し、日本語では「排除アート」という呼称がある[4][5]

英語でこれに相当するものはホスタイル・アーキテクチャ(Hostile architecture[1][6]、「敵対的アーキテクチャ」)と呼ばれるほか、ディフェンシヴ・アーキテクチャ(defensive architecture[7]、「防御的アーキテクチャ」)、ホスタイル・デザイン(hostile design[8]、「敵対的デザイン」)、アンプレザント・デザイン(unpleasant design、「不快デザイン」)、ディフェンシヴ・アーバン・デザイン(defensive urban design[2]、「防御的アーバンデザイン」)などと呼ばれることもある。

設置目的[編集]

ホームレス排除[編集]

野宿が困難になるようを平らな表面に打ち込むなどする「アンチホームレススパイク」など、ホームレスの人々に対する攻撃的な対策が最も典型的な排除アートの例である[9][10]。その他、ベンチに横になって寝転がれないような肘掛けを設置したり[5]シアトル交通局ではホームレスの人々がキャンプできないような駐輪ラックを設置している[11]

その他[編集]

新宿にある排除アートの一種。

ホームレス排除以外に排除アートが設置される目的としては、スケートボードの走行、ゴミポイ捨て、無目的なうろつき、排尿などを防ぐことが普通である。窓台に人が座れないように傾けたり、「断続的に稼働するが、実際は何にも放水していない」スプリンクラーを設置するなどしてこうした行為を妨害する[6][7]

歴史[編集]

“urine deflectors” の例。立ち小便をすると本人に戻る仕組みになっている。

土木工学を用いて社会工学的な目的を達成しようとすることは古くから行われている。19世紀には「尿阻板」(urine deflectors なお、「板」とは限らない)という、立ち小便ができないよう家の外壁につける板があり、これは先行例とみなせる[12][13]

現代においては、 自然監視 (natural surveillance)、自然アクセス制御 (natural access control)、域内強制執行 (territorial enforcement) という三つの戦略で犯罪を防ぎ、不動産を守ることを目指す環境デザインを通した防犯というデザイン哲学が基礎になっている[要説明][14]

批判[編集]

排除アートは批判を浴びており、規範的に認められているような行動以外はとれないようになり、公共空間を商業的で「ニセ公共」的な空間にし、設けられた物は「社会の分断をもたらす」ために使用していると言われている[15][16]

評論家の佐々木敦は、「排除アート」という日本語について「路上生活者を排除するために公共スペースにしつらえられた障害物を「アート」と称するもので、そんなのはアートでもなんでもない[3]」と批判的なコメントを出している。

2018年にイギリスの芸術家スチュアート・センプルは、周囲に排除アートの例を見つけたらそれを示すステッカーを貼るよう公衆にすすめる啓発キャンペーンをソーシャルメディアではじめた[17][8][18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ベンチを撤去すると地面に座るしか無くなるため、人の移動を強制することができる。また、ベンチの下に不審物を設置することが不可能になる。
  2. ^ 家庭ゴミ持ち込み被害の他に、ゴミの中に爆弾を仕掛けるテロリズムの事例があり、殆どの場合、公共の場にゴミ箱が置かれないようになった。

出典

  1. ^ a b hostile architecture”. Macmillan Dictionary. 2015年2月23日閲覧。
  2. ^ a b Chellew, Cara (2018年1月21日). “Documenting the use of defensive urban design in the Greater Toronto Area and beyond.”. #defensiveTO. 2020年3月23日閲覧。
  3. ^ a b 佐々木敦「(書評)野良ビトたちの燃え上がる肖像」『日本経済新聞』2017年1月8日朝刊20頁。
  4. ^ 山下宗利「アートプロジェクトと都市空間」『日本地理学会発表要旨集』2017年、doi:10.14866/ajg.2017s.0_100176
  5. ^ a b 五十嵐太郎排除アートと過防備都市の誕生。不寛容をめぐるアートとデザイン」『美術手帖』2020年12月12日
  6. ^ a b Quinn, Ben (2014年6月13日). “Anti-homeless spikes are part of a wider phenomenon of 'hostile architecture'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/artanddesign/2014/jun/13/anti-homeless-spikes-hostile-architecture 2015年2月23日閲覧。 
  7. ^ a b Mills, Chris (2015年2月21日). “How 'Defensive Architecture' Is Ruining Our Cities”. Gizmodo.com. 2015年2月23日閲覧。
  8. ^ a b ANNY SHAW. “Stuart Semple launches campaign to eradicate ‘hostile design’ around the world”. www.theartnewspaper.com. 2018年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  9. ^ Omidi, Maryam (2014年6月12日). “Anti-homeless spikes are just the latest in 'defensive urban architecture'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/cities/2014/jun/12/anti-homeless-spikes-latest-defensive-urban-architecture 2015年2月23日閲覧。 
  10. ^ Andreou, Alex (2015年2月18日). “Anti-homeless spikes: 'Sleeping rough opened my eyes to the city's barbed cruelty'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/society/2015/feb/18/defensive-architecture-keeps-poverty-undeen-and-makes-us-more-hostile 2015年2月23日閲覧。 
  11. ^ Groover, Heidi (2017年12月19日). “Seattle Uses Bike Racks to Discourage Homeless Camping”. The Stranger. https://www.thestranger.com/slog/2017/12/19/25638433/seattle-uses-bike-racks-to-discourage-homeless-camping 2017年12月17日閲覧。 
  12. ^ Swain, Frank (2013年12月2日). “Secret city design tricks manipulate your behaviour”. BBC. http://www.bbc.com/future/story/20131202-dirty-tricks-of-city-design 
  13. ^ Lee, Jackson (2013年7月23日). “Urine Deflectors in Fleet Street”. The Cat's Meat Shop. 2014年2月23日閲覧。
  14. ^ Chellew, Cara (September 2016). “Design Paranoia” (PDF). Ontario Planning Journal 31 (5): 18-20. https://www.researchgate.net/profile/Cara_Chellew/publication/314762975_Design_Paranoia/links/58c5d3d745851538eb8b009e/Design-Paranoia.pdf. 
  15. ^ Swain, Frank (2013年12月5日). “Designing the Perfect Anti-Object”. Medium. 2015年2月23日閲覧。
  16. ^ Shea, Michael (2014年8月5日). “On the frontline: The architectural policing of social boundaries”. Discover Society. 2015年2月23日閲覧。
  17. ^ “Hostile Architecture: 'Design Crimes' Campaign Gets Bars Removed from Benches - 99% Invisible” (英語). 99% Invisible. https://99percentinvisible.org/article/design-crimes-artist-launches-campaign-highlight-hostile-architecture/ 2018年2月15日閲覧。 
  18. ^ “Artist Launches Campaign to Call Out Hostile Urban Design” (英語). Hyperallergic. (2018年2月1日). https://hyperallergic.com/424567/stuart-semple-launches-campaign-to-call-out-hostile-urban-design/ 2018年2月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]