戸田光規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸田 光規(とだ みつのり、延宝6年(1678年) - 正徳6年閏2月19日1716年4月11日))は江戸時代旗本

美濃加納藩2代藩主松平光永の次男。3代藩主松平光煕の弟。母は都筑氏。幼名は幾松、孫之丞。通称は内記、大膳。官位は従五位下、播磨守。子に娘(菅沼定用室)がいる。

元禄8年(1695年)7月25日、将軍徳川綱吉に拝謁し、宝永元年(1704年)1月13日中奥の御小姓となる。宝永2年(1705年)兄の光煕から俵米3,000俵を分知される。

正徳6年(1716年)閏2月19日没。享年39。法名は弧天。小石川祥雲寺に葬られた。

甥の松平光慈を末期養子とし家督を相続させたが、後に信濃松本藩主に転じた。

参考文献[編集]