戸田みよ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸田 みよ子(とだ みよこ、1989年7月27日 - )は、広島県出身の女子競輪選手日本競輪学校第102期生。師匠は隅田幸助(競輪学校第91期生)。

来歴[編集]

3歳の頃からバドミントンをはじめ、中学は青森山田中学に進学。高校は地元の鈴峯女子高等学校に進み、中国地区高校総体のシングルスで優勝した実績を持つ。この実績等もあり、卒業後、バドミントンの強豪チームである、北都銀行へと進んだ。しかし、北都銀行時代は思うような成績を挙げられなかった[1]

そんな矢先、女子競輪が復活するという話が伝わり、折しも父親が中央大学自転車部の出身で、父親の友人に競輪選手がいた縁もあり、2010年春に北都銀行を退社。広島に戻って早速自転車の練習に取り組んだ[1]2011年2月25日、競輪学校試験に合格[2]。競輪学校時代の在校競走成績は第15位(8勝)[3]2012年5月1日日本競輪選手会広島支部所属の競輪選手として登録された。

2012年7月1日平塚競輪場でデビューし3着。初勝利は同年9月15日、ホームバンクである広島競輪場で挙げた[4]。しかし同年12月28日に開催予定のガールズグランプリには、惜しくもベスト7の座から漏れ、補欠第一位選手となった[5]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]