愛新覚羅載澤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛新覚羅載澤
プロフィール
出生: 1876年
死去: 1929年6月
各種表記
繁体字 愛新覚羅載澤
簡体字 爱新觉罗载泽
拼音 Àixīnjuéluó Zàizé
和名表記: あいしんかくら さいたく
発音転記: アイシンジュエルオ ザイツォ
テンプレートを表示

愛新覚羅 載澤(あいしんかくら さいたく、アイシンギョロ・ヅァイジェ、満州語: ᠠᡞᠰᡞᠨ ᡤᡞᠣᠷᠣ
ᡯᠠᡞ ᠵᡝ
 転写:aisin-gioro dzai-je、1876年 - 1929年6月)は、清朝末期の宗室愛新覚羅氏鑲白旗人。改革派・立憲派の人物。幼名は載蕉蔭坪

人物[編集]

載澤は、康熙帝の第十五子愉郡王胤禑の五世孫。嘉慶帝第五子恵親王綿愉の第四子奕詢には嗣子がなかったため、詔勅により後を継ぐ。夫人は西太后の弟承恩公桂祥の長女静栄。孝定景皇后静芬(光緒帝の皇后)は静栄の妹。

1905年(光緒31年)、全権大使で来日、憲政を視察した。

参考文献[編集]

  • 愛新覚羅溥儀『我が半生』(原題:我的前半生)
  • 郭廷以『近代中国史綱』