愛国の花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

愛国の花」(あいこくのはな)は、1937年(昭和12年)にラジオの国民歌謡として作られ、1938年(昭和13年)4月20日渡辺はま子の歌唱で日本コロムビアからレコード化された歌謡曲である。銃後を守る婦人の思いを椿などにたとえて歌う。福田正夫作詞、古関裕而作曲。

歌のヒットを受けて、1942年(昭和17年)、木暮実千代佐野周二主演で松竹により映画化された。

映画『愛国の花』[編集]

愛国の花
監督 佐々木啓祐
脚本 長瀬喜伴
製作 渡辺大
出演者 木暮実千代
佐野周二
関操
音楽 早乙女光
主題歌 「愛国の花」作曲: 古関裕而
撮影 渡辺健次
編集 浜村義康
製作会社 松竹大船撮影所
配給 松竹
公開 日本の旗 1942年11月12日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

戸倉綾子は父親の文三と信州のある村で暮らしていたが、そこへテストパイロットとして事故死した文三の息子の親友である守山徹夫が訪ねてくる。綾子は徹夫を慕うが、徹夫にはすでに婚約者がいた。落胆した綾子は従軍看護婦となって戦地に行く決意をする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ブンガ・サクラ[編集]

この歌はインドネシアスカルノ大統領が大変好み、自らインドネシア語の歌詞をつけて「ブンガ・サクラ(サクラの花)」というタイトルを付けた。この歌は、1962年2月に当時の皇太子明仁親王美智子夫妻がインドネシアを訪問したときの歓迎行事で青年たちによって歌われた。

外部リンク[編集]