福田正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 正夫(ふくだ まさお、1893年3月26日 - 1952年6月26日) は、神奈川県足柄下郡小田原町(現・小田原市)出身の詩人

「民衆詩人」と呼ばれる一派の中心的詩人であった。

略歴[編集]

小田原藩士族の堀川家に生まれるが、17歳の時に福田家の養子となる。1913年神奈川師範学校(現・横浜国立大学)卒業。東京高等師範学校(現・筑波大学)体操科中退。その後川崎市職員となり同市の小学校教員となる。

退職後、1918年、井上康文花岡謙二らと同人誌『民衆』を創刊、しかし大正末期には民衆派を離れて、小説、叙事詩を書く。太平洋戦争中は大政翼賛会日本文学報国会に属して戦意高揚文芸に手を染めた。1952年6月26日、脳溢血のため東京都世田谷区北沢の自宅で死去。戒名は天通院正覚達眠居士[1]

現在、彼の功績にちなんで、詩人としての活動に対して与えられる賞「福田正夫賞」が創設されている。

広く歌われた国民歌謡愛国の花」(1937年古関裕而作曲)の作詞者である。

著書[編集]

  • 『農民の言葉 福田正夫詩集』南郊堂 1916
  • 『哀楽児 詩劇集』聚英閣 1920
  • 『未墾地 長編小説』聚英閣 1920
  • 『小さな探偵 童話集』銀島社 1921
  • 『世界の魂 詩集』一歩堂 1921
  • 『船出の歌』大鐙閣 1922
  • 『高原の処女 長篇叙事詩』新潮社 1922
  • 『輝ける薔薇 長篇叙事詩』新潮社 1922
  • 『海に鳴る鐘 新童話集』民文社 1922
  • 『黄金の星』 童話集』創文社 母と子文庫3
  • 『恋の彷徨者 長篇叙事詩』新潮社 1923
  • 『海の瞳 抒情小曲集』新詩壇社 1924
  • 『嘆きの孔雀 長篇叙事詩』新潮社 1924
  • 『曠野の花 抒情詩劇』新詩壇社 1924
  • 『耕人の手』新潮社 現代詩人叢書15 1924
  • 『雪中の薔薇 少女小説』文星書院 1924
  • 『筑波の白百合 長篇叙事詩』新潮社 1925
  • 『死の子守唄 長篇散文詩』聚芳閣 1925
  • 『死の島の美女 幻想詩劇』新潮社 1925
  • 『情熱の翼 長篇散文詩』聚芳閣 1925
  • 『夢見草 抒情小曲集』交蘭社 1925
  • 『幻の麗人 長篇叙事詩』新潮社 1926
  • 『薊の花』交蘭社 1926
  • 『破れ胡蝶 長篇叙事詩』新潮社 1926
  • 『空翔ける美女 長篇叙事詩』新潮社 1927
  • 『光の翼 長篇小説』福田正夫詩集刊行会 1928
  • 『福田正夫詩集』第1至5輯 福田正夫詩集刊行会 1927-28
  • 『荊の門 外四篇』平凡社 令女文学全集 1929
  • 『鴎 叙事詩・詩劇』資文堂書店 昭和文庫 1929
  • 『土の聖者尊徳伝』東江堂 1938
  • 『土の文学 聖尊徳道歌解説』東江堂 1938
  • 『小学国語読本詩の新しい味ひ方 前期用』育英書院 1939
  • 『便法指示・実用類纂式 国語仮名遺読本 』女子文苑杜 1939
  • 『海への憧憬 少年小説』淡海堂 1940
  • 『白薔薇の唄 純情小説』新泉社 1940
  • 『南の国へ 少年小説』安本永絵 淡海堂出版部 1940
  • 『路傍の花 純情小説』新泉社 1940
  • 『自由詩講座 徹底自由詩への道』資文堂書店 1929
  • 『皇農二宮尊徳 伝記物語』三杏書院 1942
  • 『南国の村 小説』牧書房 1942
  • 『大洋の豹人 小説』大衆文芸社 1942
  • 『光の種子 小説』奥川書房 1943
  • 『曙 歴史小説』松栄館 1943
  • 『福田正夫即興朗吟詩篇』青帆詩社 ガリ版8頁 1945
  • 『育き渚 生活歌集』青帆詩社 ガリ版17頁 1946
  • 『福田正夫即興朗吟第二詩集』青帆詩社 ガリ版11頁 1946
  • 『孤独な登高者 福田正夫新詩集』抒情性クラブ ガリ版19貫 1946
  • 『高原の処女 長篇叙事詩』一聯社 1946 再刊
  • 『嘆きの孔雀 長篇叙事詩』一聯社 1946 再刊
  • 『暴風雨の虹 小説』一聯社 1946
  • 『敗戦直後 小説』一聯杜 1946
  • 『月の凍蝶 長篇叙事詩』一聯社 1946
  • 『『風の中にゐて 福田正夫詩抄』愛甲地方青年団文芸部 ガリ版21頁 1946
  • 『乙女星座 少女小説』ポプラ社 1949
  • 『嵐の小鳩 少女小説』文林社 1949
  • 『絹糸草』渡辺郁子絵 ポプラ社 1949 荊の門改題再刊
  • 『農民の言葉 福田正夫詩集』教育出版センター 1984
  • 『福田正夫抒情小曲詩集三部作』福田美鈴編 教育出版センター 1984
  • 『福田正夫全詩集』教育出版センター 1984
  • 『星の輝く海』福田達夫絵 教育出版センター ジュニア・ポエム双書 1984
  • 『冬木立 句集』福田正夫詩の会 1993

共編著[編集]

  • 『童謡・民謡・詩のつくり方』井上康文共著 大同館 1921
  • 『泰西社会詩人詩集』白鳥省吾等訳 福田編 日本評論社出版部 1922
  • 『童謡・民謡・詩傑作選集』井上康文共編 大同館 1922
  • 『日本社会詩人詩集』編 日本評論社出版部 1922
  • 『日本詩劇集 1926年版』白鳥省吾共編 聚芳閣 1926
  • 『興民報徳夜話 二宮尊徳先生言行録』編 一誠社 1936
  • 『愛国勤労小説集』梁取三義共著 大衆文芸社 日本小説文庫 1942

翻訳[編集]

  • 『トラウベル詩集』訳 新潮社 泰西名詩選集 1920
  • イエーツ『陰影の水の上』清水暉吉共訳 聚芳閣 泰西叙事詩選 1925
  • ユーゴー『小さいコゼット』泰西名作児童文学大系 文明社 1925

参考書[編集]

  • 『福田正夫全詩集』福田正夫全詩集刊行会編 教育出版センター 1984
  • 『追想・福田正夫 詩と生涯』福田正夫詩の会編 教育出版センター 1984
  • 『資料・福田正夫 人間と芸術』福田正夫詩の会編 教育出版センター 1985
  • 『福田正夫・ペンの農夫 -詩作品鑑賞を中心に―』金子秀夫 夢工房 小田原ライブラリー17 2007

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)284頁

関連項目[編集]