愛その他の悪霊について

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛その他の悪霊について』(あいそのたのあくりょうについて、西: Del amor y otros demonios)は1994年に出版された、ガブリエル・ガルシア=マルケスの長編小説。

あらすじ[編集]

舞台は18世紀のコロンビア。伯爵の娘シエルバ・マリアはある日、狂犬に噛まれてしまう。保守的な修道院長や司教らは、彼女に悪魔憑きの疑いをかけ、修道院に監禁する。そこに、悪魔祓いの命を受けたカエターノ・デラウラ神父が派遣される。娘と神父は、やがて強く惹かれ合うようになっていく。

日本語訳[編集]

映画[編集]

イルダ・イダルゴにより2009年に映画化された、コスタリカおよびコロンビア映画。上映時間100分。日本では2010年にDVDが発売された。

オペラ[編集]

ペーテル・エトヴェシュの作曲によりオペラ化された。題名は英語で Love and Other Demons。初演はシルヴィウ・プルカレーテルーマニア語版の演出、ウラディーミル・ユロフスキの指揮により、2008年のグラインドボーン音楽祭において行われた。同音楽祭とBBCの委嘱作品である。

エトヴェシュは2010年にライン国立オペラ(ストラスブール)とラ・フィラチュール(ミュルーズ)で自ら指揮しており、2017年のハンガリー国立歌劇場の公演でも指揮を予定している[1]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]