快誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

快誉(かいよ、長元9年(1036年) - 天永3年8月14日1112年9月6日))は、平安時代末期(院政期)の僧侶。源頼義庶長子あるいは四男。園城寺出家し、西蓮房阿闍梨、伊予阿闍梨と号す。兄あるいは弟に源義家義綱義光がいる。

特に義光と関係が懇意であり、天仁2年(1109年)に義光が甥の義忠を暗殺(源義忠暗殺事件)した際にはその計画と実行に深く関わったと伝わる。義忠暗殺の下手人である平成幹(鹿島三郎)は、暗殺実行の後この快誉の下に身を潜めるよう義光から指示を受けていたが、快誉は成幹を受け入れると生き埋めにして殺してしまった。これは事件の口封じのために、義光・快誉兄弟があらかじめ示し合わせた上での所業であったとされる。