後藤和彦 (メディア研究)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 和彦(ごとう かずひこ、1929年7月12日[1]- 2016年1月3日[2])は、日本のマスメディア研究者、常磐大学名誉教授。

来歴[編集]

東京生まれ。1953年東京大学文学部卒業、NHK入局。制作現場を経て、放送文化調査研究所研究部長など。83年退職、常磐大学教授。2002年定年退職、名誉教授。ダニエル・J・ブーアスティン『幻影の時代』の翻訳、マクルーハンの紹介などで知られる。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • R.S.グリーン『テレビ台本作法』ダヴィッド社 1958
  • ダニエル・J・ブーアスティン幻影の時代 マスコミが製造する事実』星野郁美共訳 東京創元社(現代社会科学叢書)1964
  • マーシャル・マクルーハン『人間拡張の原理』高儀進共訳 竹内書店 1967
  • マクルーハン,エドマンド・カーペンター編著『マクルーハン入門 コミュニケーションの新しい探求』大前正臣共訳 サイマル出版会(サイマル双書) 1967 「マクルーハン理論」平凡社ライブラリー
  • ハリー・W.マクマハン『広告の力学』誠文堂新光社 1970
  • D.J.ブーアスティン『過剰化社会 豊かさへの不満』東京創元社(現代社会科学叢書)1980
  • ジェームズ・マーチン『テレコム The Wired Society』日本ブリタニカ 1980
  • M.マコビー『指導者 いま、何が求められるのか』ダイヤモンド社 1982

参考[編集]

  • 訳書略歴 

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 後藤和彦さん死去 著名人の葬儀 2016年1月7日閲覧