往生寺 (長野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
往生寺
所在地 長野県長野市往生地1334
山号 安楽山
院号 菩提院
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
苅萱親子地蔵
創建年 (伝)正治元年(1199年)
開基 苅萱上人(苅萱道心)
正式名 安楽山菩提院往生寺
別称 苅萱堂
法人番号 1100005000331 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

往生寺(おうじょうじ)は、長野県長野市にある浄土宗の寺院。山号は安楽山、院号は菩提院。善光寺の奥の院にあたる。本尊は阿弥陀如来。

概要[編集]

市内の西光寺とともに、謡曲説経節などで広まった苅萱と石堂丸の伝説で知られ、正治元年(1199年)創建の伝承を持つ。境内には善行寺如来が来迎して刈萱を招いたという来迎松と、刈萱の墓、苅萱親子地蔵がある。また地元出身の草川信が作曲した唱歌「夕焼小焼」のモデルとなった鐘と、その歌碑がある。

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]