影なる道背に光あればこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
影なる道背に光あればこそ
EP
リリース
ジャンル ロック
レーベル 激唱
プロデュース 平田秀夫、鶴岡紀子
テンプレートを表示

影なる道背に光あればこそ』(かげなるみちせにひかりあればこそ)は、日本ロックバンドの1枚目のミニアルバム

解説[編集]

鴉がリリースした初のアルバム。タイトルの「影なる道背に光あればこそ」はギターボーカル近野の座右の銘である。

収録曲[編集]

  1. 時の面影
    このアルバムの表題曲。
  2. Am
    読みは「エーエム」ではなく、ギターコードの「エーマイナー」である。
  3. 茜空
  4. 優しい歌
  5. 爽鬱
  6. 帰る場所

全作詞・作曲:近野淳一、編曲:鴉