張継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楓橋畔に建てられた張継の像

張 継(ちょう けい)は中国中唐8世紀)の詩人、官僚政治家。字は懿孫。生没年未詳。没年は779年の説あり。湖北省襄州(襄陽市襄州区)の出身。

人物[編集]

753年天宝12年)に進士に合格、安史の乱にさいして江南に逃れ、越州(浙江省紹興市)・杭州(浙江省杭州市)・潤州(江蘇省鎮江市)・蘇州(江蘇省蘇州市)などを歴遊する。初めは節度使の幕僚となり、のちに塩鉄判官となった。766年大暦元年)ころ朝廷に入り、侍御史、検校祠部郎中に任じられた。770年、洪州(江西省南昌市)の地方官として転出、同地で没した。博識で議論好きな性格で、政治に明るく、公正な政治家だという評判があった。道士のような風貌であったという。

同じ中唐の詩人皇甫冉とは幼なじみで、劉長卿とも親交を持った。

作品[編集]

煬帝の拓いた大運河を旅する途中、蘇州郊外での旅愁をうたった「楓橋夜泊」は優れた漢詩として知られる。

月落烏啼霜満天、  月(つき)落(お)ち烏(からす)啼(な)いて霜(しも)天(てん)に満(み)つ

江楓漁火対愁眠。  江楓(こうふう)漁火(ぎょか)愁眠(しゅうみん)に対(たい)す

姑蘇城外寒山寺、  姑蘇(こそ)城外(じょうがい)の寒山寺(かんざんじ)

夜半鐘聲到客船。  夜半(やはん)の鐘声(しょうせい)客船(かくせん)に到(いた)る

詩集に『張祠部詩集』1巻があり、47首の詩が収載されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]