廣瀬健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

廣瀬 健[1](ひろせ けん、1935年 - 1993年8月16日)は日本数学者数学基礎論)、計算機科学者。

略歴[編集]

大分県出身、立教大学数学科、立教大学大学院数学専攻では赤攝也ゼミに所属。その後、東京教育大学助手、講師を経て、1970年に早稲田大学理工学部数学科助教授、教授。

業績[編集]

1973年にヒルベルトの23の問題の第10問題(ディオファントス方程式の可解性の決定問題)を部分的に解決したが、廣瀬とは独立にユーリ・マチャセビッチによる証明が先に公表されたため、最初の証明者とはならなかった。

また、大学生時代からプログラム制作に関わり、新世代コンピュータ開発機構(ICOT)では第五世代コンピュータの開発に助言を行なう。その後、早稲田大学理工学部情報学科の立ち上げに関わった。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『数学的帰納法』 一松信伊理正夫竹内啓編、教育出版〈シリーズ新しい応用の数学 11〉、1975年
  • 『計算論』 朝倉書店〈近代数学講座 19〉、1975年
  • 『情報数学』 コロナ社〈電子通信学会大学シリーズ A-5〉、1985年11月。
  • 『基礎数学3』 放送大学教育振興会〈放送大学教材〉、1986年3月。ISBN 4-14-231441-6
  • 『帰納的関数』 共立出版〈共立講座現代の数学 3〉、1989年2月。ISBN 4-320-01120-1
  • 『論理』 日本評論社〈現代応用数学の基礎〉、1994年5月。ISBN 4-535-60829-6
  • 『代数系 環・体・ガロア体・群・束』 日本評論社〈現代応用数学の基礎〉、1994年5月。ISBN 4-535-60827-X
  • 『数学・基礎の基礎』 海鳴社、1996年6月。ISBN 4-87525-174-2

共著・編著・共編著[編集]

  • 小林竜一佐藤総夫共著 『解析序説』 共立出版〈数学的モデルへのアプローチ 1〉、1974年
  • 広瀬健ほか共著 『数学の方法 直観的イメージから数学的対象へ』 共立出版、1982年6月。ISBN 4-320-01079-5
  • 淵一博 『第五世代コンピュータの文化』 海鳴社〈Monad books 26〉、1984年1月。
  • 淵一博 『第五世代コンピュータの計画』 海鳴社〈Monad books 27〉、1984年6月。
  • 横田一正 『ゲーデルの世界 完全性定理と不完全性定理』 海鳴社、1985年5月。ISBN 4-87525-106-8
  • 有沢誠 『文科系のコンピュータ/環境篇 情報と社会』 岩波書店、1988年1月。ISBN 4-00-005927-0
  • 『コンピュータソフトウェア事典』 広瀬健ほか編、丸善、1990年4月。ISBN 4-621-03448-0

翻訳[編集]

  • D.E.Knuth 『基本算法 基礎概念』 サイエンス社〈The art of computer programming 1〉、1978年3月。
  • 『コンピュータ基礎理論ハンドブック』 Jan van Leeuwen編、広瀬健ほか監訳、丸善、1994年2月。ISBN 4-621-03920-2

注釈[編集]

  1. ^ 書籍等では「広瀬」あるいは「廣瀬」と記されていることが多いが、戸籍上の本名は「廣瀨」と記すのが正しい。

外部リンク[編集]