康熙王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
康煕王朝から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213に収録)が含まれています詳細
康熙王朝
各種表記
繁体字 康熙王朝
簡体字 康熙王朝
拼音 Kāngxīwángcháo
発音: カンシーワンチャオ
テンプレートを表示

康熙王朝』(こうきおうちょう)は、中華人民共和国2001年に製作・放映された連続テレビドラマ康熙帝(愛新覚羅玄)の生涯を映像化したものである。全50話。

内容[編集]

物語は、順治帝(愛新覚羅福臨)が愛妾のにショックを受けて、突如出家して五台山に籠もってしまうところから始まる。若い皇帝の突然の出家遁世に驚きと衝撃を隠せない清朝政府の要人達であったが、皇太后を中心に結束し、新皇帝に8歳の順治帝の皇子を迎える。この少年こそが康熙帝である。

康熙帝は、重臣達の補佐を受けながら、権臣鰲拝の排除に始まり、三藩の乱鄭氏台湾ロシア帝国ジュンガル部といった内憂外患を排除する一方で、減税や文化事業等で国内を安定させ、清王朝の基礎を固めることに成功する。しかし、皇太子の地位をめぐる息子達の醜い争いに心を痛め、ついに自身の後継者を定めぬままその生涯を閉じる。

非常に人気の高かった康熙王朝[編集]

このドラマは中国の人々の心を捉え、非常に高い視聴率を獲得するにいたった。同時期に放映された、孫文の生涯を題材にしたドラマの視聴率は「康熙王朝」の半分にもならなかったと言われる。

これに関して、「大国として成長著しい中国に自信を持ち始めた若い世代」の支持をうけたことがこのドラマのヒットの原因と分析する向きがある。また作家の魏明倫などは本作の大ヒットにかんして「自分で国家を何とかせず康熙帝の王朝のような『強いお上に』頼ろうとする旧来の『愚民根性』がいまだに中国人民に抜けきれていない状況の表れ」と手厳しい批判を加えている。[要出典]

康熙帝の学友で後に重臣となる魏東亭は、康熙帝の乳母の子である曹寅をモデルにした架空の人物である。 [1]

スタッフ[編集]

  • 原作:二月河
  • 脚本:朱蘇進、胡建新
  • 監督:陳家林、劉大印
  • 撮影:粟栗

主題歌[編集]

配役[編集]

登場人物 出演者
康熙帝 陳道明
康熙帝(少年) 李楠
康熙帝(幼年) 陳偉辰
孝荘太皇太后 斯琴高娃中国語版
順治帝 劉均
鄂妃(ガクヒ)中国語版 博弘
佟妃 朱晏
行森 李小雷
玉秀林 劉長生
魏承謨 陳大中
魏東亭 安亜平
魏東亭(少年) 劉挺
蘇麻喇姑(スマラグ)中国語版 茹萍
スマラグ(少女)中国語版 胡珊珊
索尼(ソニン) 朱芸丹
索額図 薛中鋭中国語版
赫舍里(ハシャリ) 李晨濤
鰲拝(オボイ) 姚長安
蘇克薩哈(スクサハ) 張光政
遏必隆(エビルン) 宋来運
班布爾善(バンブーシャ)中国語版 李如平
呉六一中国語版 郝鉄男
陳廷敬中国語版 陳斌
伍次友 高宏亮
明珠中国語版 高蘭村中国語版
呉三桂 曹永祥
朱国治中国語版 劉毓斌
周培公 李明
楊起隆中国語版
朱三皇子を名乗る)
蘆勇
紫雲 湯加麗中国語版
姚啓聖中国語版 蘇廷石
延平王・鄭経 劉大印
鄭泰 關徳俊
施琅 侯永生
葛礼中国語版 趙景文
皇太子・胤(インレン) 万中良
皇長子・胤禔(インスー) 高天昊
恵妃 宮雪花中国語版
容妃 李建群中国語版
蘭斉(ランチー) 胡天鸽中国語版
宝日龍梅(パオルー・ロンメイ) 王也天
李光地中国語版 廖京生
爾丹(ガルダン) 李洪濤
紅玉(朱丹丹) 張晶晶
張廷玉 白楊
魏子玉
弘歴

各話タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 魏东亭 百度百科

外部リンク[編集]