庄野晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

庄野 晴彦(しょうの はるひこ、1960年 - )は、CGアーティスト。CGプロダクション 有限会社ウイル(WILL,ltd.)代表。

1985年に原田大三郎とビデオ・パフォーマンス・ユニット“RADICAL TV”を結成。AVAマルチメディアグランプリ通産大臣賞を受けた、金子國義加藤和彦との共作による『Alice』(1991年)、CGにより独自の世界を構築した『GADGET』(1995年)などのCD-ROM作品が海外でも高い評価を受け、1995年3月のNewsweek誌(US版)で「50 for the Future(未来を創る50人)」に選出されている。

経歴[編集]

  • 1985年 ビデオ・パフォーマンス・ユニット"RADICAL TV"結成。
  • 1991年 AVAマルチメディアグランプリ 通産大臣賞を受賞
  • 1992年 マルチメディアグランプリ MMA会長賞を受賞。
  • 1993年 CD-ROM作品『GADGET』発表。
  • 1995年 「50 for the Future(未来を創る50人)」Newsweek誌(US版)に選出。

作品[編集]

  • 1991年『Alice
  • 1992年『L-ZONE』
  • 1992年『virtual drug』
  • 1993年『GADGET』
  • 1994年『Inside Out With GADGET 鉄と兵器の時代』
  • 1995年『GADGET Trips/Mi』
  • 1997年『GADGET Past as Future』
  • 1998年『GATGET Trips/Mindsca』

映画[編集]

  • 2004年『CASSHERN』(コンセプチュアルデザイン/CGスーパーバイザー)
  • 2006年『笑う大天使』(メカニカル・デザイナー)

テレビ[編集]

ゲーム[編集]

  • 2002年『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』(CG)

外部リンク[編集]