庄司保親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
庄司 保親
しょうじ やすちか
生年月日 1912年3月1日
出生地 鳥取県西伯郡渡村大字渡
(現境港市渡町)
出身校 東京帝国大学経済学部
(現・東京大学)
配偶者 妻・庄司昌子
親族 実父・庄司廉(渡村長
義父木佐徳之助島根県平田市長

当選回数 1回
在任期間 1947年 -
テンプレートを表示

庄司 保親(しょうじ やすちか、明治45年(1912年3月1日 - )は日本実業家政治家。元合資会社第弐商会代表社員社長。元鳥取県西伯郡渡村会議員

女優司葉子いとこ

経歴[編集]

明治45年(1912年)3月1日、鳥取県西伯郡渡村(現境港市渡町)に庄司廉の長男として生まれる。

昭和11年(1936年東京帝国大学経済学部卒業[1]

昭和17年(1942年)鳥取県石炭統制(常務取締役[1]。昭和21年(1946年鳥取地方裁判所調停委員(~1980年[1]。昭和26年(1951年)合資会社第弐商会代表社員社長[1]。昭和35年(1960年)協和地下工業(株)代表取締役社長[1]

昭和36年(1961年)鳥取県教育委員(~1969年)昭和37年(1962年(株)博愛病院取締役社長[1]。昭和38年(1963年)()博愛病院理事長[1]

人物像[編集]

結婚[編集]

庄司保親は、奥出雲の山林大地主23代田部長右衛門の全面的な世話で、島根県平田市の木佐家から嫁をもらった。この恩義に報いるため後年、保親は24代田部長右衛門の嫁に2代目坂口平兵衛の四女陽子を世話したという(『田部長右衛門(朋之)先生追悼録』)。

人柄・性格[編集]

信条・座右の銘は礼節、信義、誠実、温故知新[1]

家族・親族[編集]

庄司家[編集]

鳥取県境港市渡町【市】1.庄司家母屋・茶座敷及び庭園
父・庄司廉
明治20年(1887年)4月生 - 昭和35年(1960年)8月没
尚史[1](実業家・合資会社第弐商会代表社員社長)

親戚[編集]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観(鳥取県版)』 人事調査通信社 1958年 シ…156頁
  • 『田部長右衛門(朋之)先生追悼録』 山陰中央新報社 1981年 160-162頁
  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 293頁)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『鳥取県人名録』293頁
  2. ^ 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)シ九五
  3. ^ 『米子商業史』118頁

外部リンク[編集]