木佐徳之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木佐 徳之助(きさ とくのすけ、明治23年(1890年) - 昭和44年(1969年))は日本実業家政治家島根県平田市名誉市民。木佐家第9代当主。は旅峰。島根県多額納税者[1]農業[1]

経歴[編集]

徳三郎の男[2]慶大に学ぶ[3]農業を営む[1]

雲洋石油株式会社を創設し、昭和3年(1928年)社長となり、昭和20年(1945年)帰郷[4]

平田町長、平田市長などを務める。

人物像[編集]

宗教大社教[4]。住所は島根県平田市平田町[4]。美術茶道など多方面で造詣深い風流人として知られた。

家族・親族[編集]

木佐家[編集]

島根県平田市平田町[4]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 1957年 カ・キ…379頁

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『人事興信録. 13版』(昭和16年)上キ三
  2. ^ a b c d 『人事興信録. 7版』(大正14年)き二四
  3. ^ 学歴について『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上では「慶大理財科豫科出身」、『新日本人物大観』(島根県版)昭和32年(1957年) カ・キ…379頁では「慶大本科中退」となっている。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 1957年 カ・キ…379頁
  5. ^ 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上キ三

外部リンク[編集]