広田宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廣田 宗(ひろた そう、1909年10月20日[1] - 1986年11月29日)は日本の実業家。1969年から1981年まで12年間小田急電鉄社長を務め、1981年から1986年に死去するまで同会長を務めた。また日本民営鉄道協会会長等も務めた。勲一等瑞宝章受章。

人物[編集]

大分県出身。1932年旧制東京商科大学(のちの一橋大学)卒業、三菱銀行入行。1961年三菱銀行取締役

1963年安藤楢六に誘われ、小田急グループに入り、小田急百貨店専務就任[2]。1964年小田急電鉄取締役、1965年同専務。

1969年小田急電鉄社長、1981年同会長。ホテル小田急社長も兼務。ホテルセンチュリーハイアットの特別の客室階「リージェンシークラブフロア」の拡大や、女性スタッフによる飲み物の提供、各種案内サービスを開始し、1984年に開業したヒルトン東京に対抗した[3]。1985年、ホテル業界の競争激化にともない、専任の社長を設けるため、ホテル小田急の社長を退任し会長に就任[4]。1980年勲二等瑞宝章受章。

1981年から1983年まで日本民営鉄道協会会長を務め、運賃値上げ問題に取り組んだ。

総理府観光政策審議会委員、相模鉄道取締役、財団法人安藤記念奨学財団初代理事長等も務めた[5]

小田急電鉄会長在任中の1986年11月29日、東京都多摩市桜ヶ丘の自宅で死去。享年77[6]。没後、従三位勲一等瑞宝章を追贈された[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代財界家系譜』第4巻
  2. ^ 1985/07/20, 日経産業新聞
  3. ^ 1984/04/11, 日経産業新聞
  4. ^ 1985/04/18, 日経産業新聞
  5. ^ 1982/03/26, 日本経済新聞
  6. ^ 1986/11/30, 日本経済新聞
  7. ^ 小田急電鉄(株)『小田急75年史』(2003.03)


先代:
安藤楢六
小田急電鉄社長
第2代:1969年 - 1981年
次代:
利光達三
先代:
川勝傳
日本民営鉄道協会会長
1981年 - 1983年
次代:
柴谷貞雄