平野長勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本誓寺・本覚院(平野長勝)廟(右側)

平野 長勝(ひらの ながかつ、慶長8年(1603年)- 寛文8年2月9日1668年3月21日))は、大和交代寄合表御衆田原本2代領主。平野長泰の長男。正室は小浜光隆の娘。通称権平。妹に下間仲虎西本願寺の臣)の妻。養子に平野長政七沢清宗の長男)。

寛永5年(1628年)に遺領を相続し、十市郡薬王寺村に仮陣屋を構えた。寛永12年(1635年)田原本に陣屋の建造を始めるが、寺内町を支配する浄土真宗教行寺と対立した。正保4年(1647年)教行寺を著尾に移転させ、その跡に本誓寺を同地に移し、残りの土地に円城寺(慶安4年(1651年)創建、浄土真宗本願寺派、現浄照寺)を建立し、本誓寺(浄土宗)を菩提寺とした。慶安元年(1648年)に陣屋は完成し、それまでの薬王寺村より移り、町割の整備をし田原本の基礎を造った。

明暦2年(1656年)12月8日、将軍徳川家綱の命で長政を養子とした。

寛文8年(1668年)に66歳で没し、養子の長政が跡を継いだ。霊廟は、享保2年(1717年)11月に五十回忌に4代領主平野長英が建立した。

注釈・出典[編集]