平野長暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平野 長暁(ひらの ながあき、元禄4年(1691年)- 延享元年1月8日1744年2月21日))は、大和交代寄合表御衆田原本5代領主。平野長直の三男で、平野長英の養子となった。正室は増山正弥の娘照。通称長次郎、九郎兵衛、権平。娘に平野長里室。

享保5年(1720年)10月に遺領を相続した。元文元年より、朔望佳節の拝賀先従となり、江戸定府となる。養父の子長賢を養子としたが、元文5年(1740年)1月24日、22歳で没し、内田正偏の次男正盛を娘婿とし長隆(のちに長里)と名乗らせ、寛保3年(1743年)4月3日に到仕し、跡を継がせた。延享元年に54歳で没した。

参考文献[編集]