平野長英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平野 長英(ひらの ながふさ、貞享元年(1684年)- 享保5年7月5日1720年8月8日))は、大和交代寄合表御衆田原本4代領主。平野長政の長男。正室は松平乗真の養女(本多正種の娘)。通称亀松丸、右衛門。法名は仁光。兄弟に長重、六之助、養女(平野長喜室)。養子(嫡男、平野長直三男)平野長暁、子に平野長賢(兄長暁養子)。

元禄13年(1700年)12月9日に遺領を相続した。享保2年(1717年)11月、2代領主平野長勝の五十回忌に霊廟を建立した。享保5年に37歳で没した。

参考文献[編集]