平井潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平井 潔(ひらい きよし、1915年7月1日 - 1961年10月26日[1])は、日本評論家翻訳家政治家社会運動家

概要[編集]

朝鮮京城府(現・ソウル特別市)生まれ。1933年東京商科大学入学。学生運動のため1939年治安維持法違反で検挙され一年半獄中にある。戦後は書店経営のかたわら執筆・講演を行い1951年武蔵野市議会議員。民主主義科学者協会[2]。46歳で死去。

著書[編集]

  • 『友情・恋愛・家庭』伊藤書店 人民群書 1948
  • 『愛情のみちびき手 エレン・ケイ』伊藤書店 少年少女伝記読本 1949
  • 『婦人問題』唯物論研究所 新成唯物論全書 1949
  • 『新しい性』河出新書 1954
  • 『あたらしい愛 どう障害をのりきるか』青春出版社 青春新書 1955
  • 『人生と愛について』社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1956
  • 『愛することはどういうことか』青春出版社 青春新書 1957
  • 『愛と性』社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1957
  • 『あたらしい愛』青春出版社 青春新書 1957
  • 『人生と性について』青春出版社 青春新書 1958
  • 『働く女性の生きかた』新興出版社 1959
  • 『婦人問題入門 現代の解放思想』理論社 私の大学・婦人の教室 1959
  • 『最新家計管理概論』産学社 1967

共著編[編集]

  • 『新しい結婚讀本』玉城肇,宮本忍,鷲沼登美枝,森山豊,馬島僴共著 中森書店 1949
  • 『レーニンの婦人論』野坂龍共著 日本出版 1949
  • 『婦人問題入門 婦人の解放について マルクス,エンゲルス,レーニン,スターリンはどう語ったか?』編 理論社 1952
  • 『解放史上の三女性 マルクス夫人,ローザ・ルクセンブルク,レーニン夫人』古沢友吉共著 東洋経済新報社 1956
  • 竹内景助『春を待ついのち まさ子におくる手紙』編 青春出版社 青春新書 1956
  • 門田昌子共編『恋愛と結婚の問題 新中国の愛情討論会』池田幸子訳 駿台社 1956.

翻訳[編集]

  • 『レーニンの婦人論』訳編 日本出版、1949
  • マリー・ストープス『結婚愛』理論社 1953 のち社会思想社・現代教養文庫
  • マリー・ストープス『賢明な親の性生活』訳編 理論社 1953
  • マリー・ストープス『夫婦の情熱』理論社 1953
  • 『レーニン青年・婦人論』訳編 青木文庫 1956
  • 『女性解放の思想 どう生きるべきか』訳編 青春出版社 青春新書 1957
  • エレン・ケイ『恋愛と結婚』社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1958
  • M.ストープス『親としての性』理論社 1959
  • M.ストープス『夫婦の愛情』理論社 1959
関連図書
  • 『没後30年いま平井潔さんを偲ぶ』平井潔さんを偲ぶ会実行委員会編 ドメス出版 1993

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『人生と愛について』著者紹介