帯谷信弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
帯谷 信弘
基本情報
本名 帯谷 信弘
通称 王者の影武者
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-01-15) 1981年1月15日(38歳)
出身地 千葉県
所属 GUTSMAN・修斗道場
→フリーランス
→木口道場
身長 170cm
体重 70kg
階級 ライト級
バックボーン 総合格闘技
テンプレートを表示

帯谷 信弘(おびや のぶひろ、1981年1月15日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県出身。木口道場所属。元DEEPライト級王者。

五味隆典の弟子であり、スパーリングパートナーとして五味を支えたことからPRIDE武士道では「王者の影武者」と紹介された。DEEPではミルトン・ヴィエイラ雷暗暴といった強豪を破っている。

来歴[編集]

2002年11月15日、修斗でプロデビュー。鹿又智成と対戦し、引き分けた。

2003年10月31日、修斗2003年度新人王トーナメントウェルター級(-70kg)決勝で鹿又と再戦し、開始11秒パウンドでTKO勝ち。新人王を獲得するも、所属していたGUTSMAN・修斗道場を離脱。フリーランスとして五味隆典と練習を積む。

2004年12月18日、DEEP 17 IMPACTで開催されたフューチャーキングトーナメント76kg以下級に出場し、優勝を果たした。

2006年4月11日、DEEP 24 IMPACTのライト級王者決定戦で雷暗暴と対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年8月26日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の十二-ギルバート・メレンデスに判定負けし、プロ初黒星となった。続く11月5日、PRIDE 武士道 -其の十三-ルイス・ブスカペに判定負け。

2007年2月16日、DEEP 28のライト級タイトルマッチで横田一則と対戦し、判定負けを喫し王座から陥落した。

2008年12月10日、1年10か月ぶりの復帰戦となったDEEP 39 IMPACTでBarbaro44と対戦。パンチを受け鼻血を出すなど劣勢に立たされるも、右ストレートでダウンを奪い、追撃のパウンドでTKO勝ちを収めた。

2009年12月19日、1年ぶりの復帰戦となったDEEP CAGE IMPACT 2009でISEと対戦し、スタンドパンチ連打でTKO勝ちを収めた。試合後のリング上で「判定?ダメだよ、KOじゃなきゃ」と五味の発言をオマージュしたマイクアピールを行った[1]

2010年10月24日、DEEP 50 IMPACTのライト級タイトルマッチで菊野克紀に挑戦し、1-4の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[2]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 6 1 5 0 1 0
5 1 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× チェ・ドゥホ 3R 0:15 KO(跳び膝蹴り) DEEP CAGE IMPACT 2011 in TOKYO 2nd ROUND 2011年10月29日
× 菊野克紀 5分3R終了 判定1-4 DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜
【DEEPライト級タイトルマッチ】
2010年10月24日
セバスチャン・ガルギエ 5分3R終了 判定3-0 Fury 1: Clash of the Titans 2010年5月21日
ISE 2R 1:49 TKO(スタンドパンチ連打) DEEP CAGE IMPACT 2009 第2部 2009年12月19日
Barbaro44 2R 2:35 TKO(右ストレート→パウンド) DEEP 39 IMPACT 2008年12月10日
× 横田一則 5分3R終了 判定0-3 DEEP 28 IMPACT
【DEEPライト級タイトルマッチ】
2007年2月16日
× ルイス・ブスカペ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十三- 2006年11月5日
× ギルバート・メレンデス 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
雷暗暴 5分3R終了 判定3-0 DEEP 24 IMPACT
【DEEPライト級王者決定戦】
2006年4月11日
ミルトン・ヴィエイラ 5分3R終了 判定3-0 DEEP 22 IMPACT 2005年12月2日
長谷川秀彦 5分2R終了 判定3-0 DEEP 19th IMPACT 2005年7月8日
宮本優太朗 1R 4:48 TKO(パウンド) DEEP 18th IMPACT 2005年2月12日
ジョン・バチスタ・ヨシムラ 1R 4:50 TKO(左フック) DEEP 17th IMPACT
【フューチャーキングトーナメント 76kg以下級 決勝】
2004年12月18日
Barbaro44 1R 1:11 KO(パンチ連打) DEEP 17th IMPACT
【フューチャーキングトーナメント 76kg以下級 準決勝】
2004年12月18日
可児瑛士 1R 4:47 腕ひしぎ十字固め DEEP 17th IMPACT
【フューチャーキングトーナメント 76kg以下級 1回戦】
2004年12月18日
鹿又智成 1R 0:11 TKO(右フック→パウンド) 修斗 下北沢修斗劇場 第7弾 〜若大将は誰だ!〜
【新人王トーナメント ウェルター級 決勝】
2003年10月31日
橋本平馬 5分2R終了 判定3-0 修斗 Shootor's Dream II
【新人王トーナメント ウェルター級 2回戦】
2003年5月30日
鹿又智成 5分2R終了 判定0-0 修斗 2002年11月15日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【DEEP】帯谷信弘が壮絶な殴り合いを制す! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年12月19日
  2. ^ 【DEEP】死闘!菊野が帯谷を判定で退ける、青木&ミノワマン&長南は快勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
三島☆ド根性ノ助
第2代DEEPライト級王者

2006年4月11日 - 2007年2月16日

次王者
横田一則