市立ひらかた病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 市立ひらかた病院
Hirakata City Hospital.jpg
情報
正式名称 市立ひらかた病院
英語名称 Hirakata Municipal Hospital
前身 枚方市特別会計国民健康保険直営市民病院
標榜診療科 内科、循環器科、消化器科、呼吸器科、小児科、外科、肛門科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科
許可病床数

335床
一般病床:327床


感染症病床:8床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver5.0
開設者 枚方市
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1950年昭和25年)4月
所在地
573-1013
位置 北緯34度49分11.9秒
東経135度39分26.1秒
二次医療圏 北河内
PJ 医療機関
テンプレートを表示

市立ひらかた病院(しりつひらかたびょういん)は、大阪府枚方市にある医療機関である。枚方市病院事業の設置等に関する条例により設置された市立の病院である。2014年の病棟建て替えに合わせて、「市立枚方市民病院」から改称した。

沿革[編集]

旧病院
  • 1949年 - 旧禁野火薬庫の建物を改築して枚方市立伝染病院が開設。
  • 1950年4月 - 枚方市特別会計国民健康保険直営市民病院が開院。
  • 1955年10月 - 枚方市と津田町の合併により、津田町立病院を国民健康保険直営市民病院の津田分院として開設。
  • 1964年5月 - 総合病院の指定。
  • 1960年1月 - 市立枚方市民病院に改称。
  • 1962年10月 - 診療科目と来院者増加に対応し、新館(鉄筋3階建て)竣工。
  • 1965年1月 - 津田分院を廃止。
  • 1969年5月 - 新館の北側に新病棟(鉄筋3階建て、地下1階)が竣工。265床へ増床。
  • 1979年3月 - 臨床研修指定病院の指定。
  • 1990年7月 - 救急病棟を開設。
  • 2000年9月 - 地域医療連携室を開設。
  • 2004年4月 - 地方公営企業法全部適用。
  • 2014年6月 - 新病棟竣工
  • 2014年9月 - 新病棟開院。市立ひらかた病院に改称。
この節は執筆の途中です この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。

診療科[編集]

  • 内科
  • 循環器科
  • 消化器科
  • 呼吸器科
  • 小児科
  • 外科
  • 肛門科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 歯科口腔外科
この節は執筆の途中です この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  • 市立ひらかた病院ホームページ
  • 中島三佳、瀬川芳則『保存版 枚方・交野今昔写真帖』郷土出版社、2005年10月、p.72

外部リンク[編集]