市民防災研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
公益財団法人市民防災研究所
創立者 籏野次郎
団体種類 公益財団法人
設立 1981年4月
(公益財団法人としては2012年3月)
所在地 日本の旗 日本
東京都江東区大島4-5-14
プラウド西大島1階
起源 避難研究所(任意団体)
財団法人市民防災研究所
主要人物 白谷裕二(元消防総監、前理事長)
大江秀敏(前消防総監、理事長)
製品 防災用品・防災図書
主眼 市民の立場から発想した内容の防災普及活動
活動内容 防災普及活動・調査研究・防災用品・防災図書の頒布
ウェブサイト http://www.sbk.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人市民防災研究所(しみんぼうさいけんきゅうしょ、Shimin Bosai Kenkyujo、略称SBK)は、内閣府認定の公益財団法人[1][2]

沿革[編集]

町工場の経営者であった籏野次郎関東大震災で被災したことから、再び大災害の惨事を繰り返さぬよう工場の経営を長男のに任せて、自身は1974年昭和47年)に避難研究所を設立したことをもって前身とする。その後、1981年(昭和56年)4月財団法人市民防災研究所として改組され、多くの消防防災関係者の協力を得ながら、市民の立場から発想する地震、火災、水害等の安全対策について普及活動を展開。2012年平成24年)3月内閣府より公益法人の認定を受け、公益財団法人市民防災研究所となった[1][2]。講演活動のほか、行政機関の防災情報等への寄稿等も行っている[3][4]

発起人[編集]

発起人は下記の通り。肩書きは当時のもの[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 内閣府ウェブサイト「公益法人の活動紹介~公益財団法人市民防災研究所~ (PDF) 」参照。
  2. ^ a b 市民防災研究所ウェブサイト「市民防災研究所のあゆみ」参照。
  3. ^ 内閣府ウェブサイト「平成20年度 広報ぼうさい」参照。
  4. ^ 職員の採用・退職、経験者の声に関する情報については、株式会社リブセンスウェブサイト「転職会議-公益社団法人市民防災研究所」参照。
  5. ^ 市民防災研究所ウェブサイト「なりたちと趣旨」参照。

参照文献[編集]

インターネット資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]