川島四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川島 四郎
生誕 1895年2月8日
京都府
死没 (1986-12-03) 1986年12月3日(91歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1918 - 1945
最終階級 陸軍主計少将
テンプレートを表示

川島 四郎(かわしま しろう、1895年(明治28年)2月8日 - 1986年(昭和61年)12月3日)は、日本の陸軍軍人栄養学者。最終階級は陸軍主計少将農学博士

経歴[編集]

京都府出身。東本願寺内陣・川島幸之助の四男として生まれる。京都二中を卒業し、陸軍経理学校に入学。1918年(大正7年)5月、同校(12期)を卒業。同年12月、三等主計に任官し歩兵第12連隊付となる。第11師団経理部員、第8師団経理部員、独立守備歩兵第4大隊付兼関東軍経理部員などを歴任。1927年(昭和2年)5月、経理学校高等科(5期)を卒業し、さらに東京帝国大学農学部農芸化学科に派遣され1930年(昭和5年)3月まで学んだ。

1930年3月、陸軍糧秣本廠員兼陸軍航空本部員となり、経理学校教官兼陸軍航空技術研究所員、航空技術研究所員兼糧秣本廠員などを経て、1941年(昭和16年)8月、主計大佐に昇進した。

1941年12月、航空技術研究所第7部長に就任。1942年(昭和17年)3月、「軍用糧食の研究」により農学博士号を取得。同年10月、第7航空技術研究所長となり、1945年(昭和20年)6月、主計少将に進んだ。同年9月、航空本部経理部付となり、同年12月、予備役に編入された。

戦後、栄養学者として桜美林大学教授、食料産業研究所長などを務め、栄養に関する本を多数書いた。

ナイロビにたびたび滞在し、そこでマラリアに感染した。一度目の感染時は健康をとりもどしたが、二度目の感染で病状が悪化。全快はしたものの、後遺症が残り、そのまま帰らぬ人となった。

著書[編集]

  • 『決戦下の日本糧食』朝日新聞社、1943年。
  • 『食糧研究余話』主婦の友社、1947年。
  • 『実兵50人を以てせる軍用糧食の栄養、人体実験の研究』東明社、1979年。
  • 『まちがい栄養学』新潮社〈新潮文庫〉、1988年。
  • 『食べ物さん、ありがとう』(サトウサンペイと共著。保健同人社刊・朝日文庫)
  • 『続 食べ物さん、ありがとう』(サトウサンペイと共著。保健同人社刊・朝日文庫)
  • 『続々 食べ物さん、ありがとう』(サトウサンペイと共著。保健同人社刊・朝日文庫)

エピソード[編集]

  • 食生活は独特で、食事らしい食事をとるのは夕食のみであった。 朝は砂糖と粉ミルク、粉末カルシウムを大量に入れたコーヒーを飲み通勤中に数枚の昆布やビスケット。昼も決まった食事はとらず小腹のすいたときにビスケット類やナッツ類、とろろ昆布などをつまみ、夕食だけ麦飯と大量の青菜、魚の缶詰といった具合で、腹一杯に食べるのは月に一回程度だった。

参考文献[編集]