市川陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市川 陽子
(いちかわ ようこ)
人物情報
居住 日本の旗 日本
出身校 日本女子大学大学院
家政学研究科修士課程修了
徳島大学大学院
栄養学研究科単位取得満期退学
学問
研究分野 栄養学
研究機関 川村短期大学
日本大学短期大学部
静岡県立大学
主な業績 食事グリセミック指数における
機序の研究
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

市川 陽子(いちかわ ようこ)は、日本栄養学者フードマネジメント・実践栄養学)。学位博士(栄養学)(徳島大学2007年)。静岡県立大学食品栄養科学部准教授大学院生活健康科学研究科准教授。

概要[編集]

日本女子大学大学院にて家政学研究科に在籍し、修士課程を修了した。大学院修了後は、川村短期大学にて助手日本大学短期大学部にて講師を務めるなど、各大学にて教鞭を執った。その後、徳島大学にて再び大学院生となり、栄養学研究科の博士後期課程にて研究を進め、単位取得満期退学した。なお、単位取得満期退学したのちに、徳島大学にて博士号を取得している。現在は、静岡県立大学の食品栄養科学部栄養生命科学科にて准教授を務めている。また、大学院の生活健康科学研究科食品栄養科学専攻の准教授も兼任している。

研究[編集]

自らが主宰する研究室では食品関連の商品開発にも取り組んでいる。2009年には、静岡県セブン-イレブン・ジャパンとが締結した地域活性化包括連携協定に基づき、研究室の学生らが同社や静岡県庁医療健康局とともに静岡県の食材を使った弁当の共同開発を行い、完成した商品がセブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂など各店舗にて販売された[1][2]。なお、弁当のネーミングには遠州弁が用いられた。また、産学連携の一環として、石田フードとともに健康に配慮した惣菜を共同開発し、静鉄ストアの店頭で野菜鉄分の摂取と低を謳った商品の販売を開始した[3]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 市川陽子著『児童保健委員会からはじめる健康教育――子どもが主役!! 保健集会から授業案・教師用資料まで』東山書房、2000年ISBN 4827812098
  • 富岡和夫編著、君羅満ほか著『給食経営管理実務ガイドブック』新訂2版、同文書院、2006年ISBN 481031295X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「静岡県立大生が『しぞーか弁当』開発」『静岡県立大生が「しぞーか弁当」開発 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年6月16日
  2. ^ 竹地広憲「けいざい・しずおか:県立大生考案、コンビニ弁当――セブン-イレブンと県協力/静岡」『けいざい・しずおか:県立大生考案、コンビニ弁当 セブン-イレブンと県協力 /静岡 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年6月18日
  3. ^ 「健康志向総菜――県立大などと共同で静鉄ストア」『地域ニュース・中部:健康志向総菜 県立大などと共同で静鉄ストア静岡新聞社2009年11月12日

外部リンク[編集]