市川竹女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市川 竹女(いちかわ ちくじょ、1925年 - 2005年9月30日)は、日本の古典津軽三味線の奏者。ボサマ三味線の古格を守った古典津軽三味線の名匠であった。本名は市川キエ

経歴[編集]

1925年大正14年)、青森県東津軽郡西田沢(現青森市)の旧家に生まれた。1歳半でボサマ(盲目の遊芸人)吉田勝蔵の元で育ち、唄・三味線の手ほどきを受ける。10代で初代白川軍八郎の兄弟弟子、佐藤茂助三味線を習う。その後、成田雲竹と出会い、指導を受ける。修行時代の兄弟弟子高橋竹山と共に最後まで雲竹を支えた。20歳の時、雲竹の勧めで最高弟、高谷左雲竹と結婚1957年昭和32年)に夫婦で上京。

2005年平成17年)9月30日心不全のため80歳で死去。