市川流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市川流(いちかわりゅう)は、歌舞伎舞踊流派七代目市川團十郎の舞踊を、九代目市川團十郎が磨き上げ市川宗家の舞踊として創流した。

九代目市川團十郎の死後は、その長女・堀越實子の婿養子となって市川宗家を継承した五代目市川三升がしばらくの間家元の「預り」となった。

二世家元は、この堀越實子が二代目市川翠扇を襲名してこれを継いだ。

三世家元は、二世家元の姪にあたる(九代目市川團十郎の次女・二代目市川旭梅の一人娘)初代市川紅梅が三代目市川翠扇を襲名してこれを継いだ。

四世家元は、五代目市川三升が市川宗家の養子に迎えた十一代目市川團十郎の長男・十二代目市川團十郎がこれを継ぎ、妹の堀越治代が二代目市川紅梅を襲名して実務を補佐した。

十二代目市川團十郎の死後は、この二代目市川紅梅が「総代」として市川流の統率にあたっている。

系譜[編集]

流祖 (1)
九代目市川團十郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長女・二世家元 (3)
二代目市川翠扇
 
=====
婿養子・預り (2)
五代目市川三升
次女
二代目市川旭梅
 
=====
婿養子
五代目市川新之助
 
 
 
 
養子
十一代目市川團十郎
長女・三世家元 (4)
三代目市川翠扇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長男・四世家元 (5)
十二代目市川團十郎
長女・総代 (6)
二代目市川紅梅

参考文献[編集]

関連項目[編集]