巽昌章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

巽 昌章(たつみ まさあき、1957年4月5日 - )は、ミステリー批評家、弁護士大阪弁護士会所属、登録番号:21271)、関西学院大学大学院司法研究科教授。三重県上野市出身。京都大学法学部卒業。京都大学推理小説研究会OB。2006年に刊行した初の評論集、『論理の蜘蛛の巣の中で』(講談社刊)で、2007年、第60回日本推理作家協会賞評論その他の部門と第7回本格ミステリ大賞評論・研究部門を受賞した。

著作[編集]

評論[編集]

単行本
  • 論理の蜘蛛の巣の中で - 講談社、2006年 ISBN 978-4062135214 - ミステリを専門とする文芸雑誌「メフィスト」に連載していた評論を一冊にまとめたもの

小説[編集]

長編
  • 森の奥の祝祭 - 『メフィスト』(講談社)2008年1月号、5月号、9月号、2009年1月号(全4回)
短編
リレー小説
アンソロジー
  • ベスト本格ミステリ 2012(講談社ノベルス、2012年6月)「東西「覗き」くらべ」収録
    • 【改題】探偵の殺される夜 本格短編ベスト・セレクション(講談社文庫、2016年1月)